「印刷できる柔軟な有機太陽電池」を観た感想。

「印刷できる柔軟な有機太陽電池」を観た感想。【TED】
Thanks to our advertisers


現在の太陽光発電ってどのくらいの発電量があるんだろう。

一軒家に住む年齢じゃないしそんな余裕もないからソーラーパネルのことなんてまったく考えてもみなかったけれど、地道にこうした新技術が裏でどんどん開発されているって考えると凄いよなぁ…。ほんと、世の中のことを知れば知るほど自分の無知さを再認識させられるぜ。

でも、だからこそ面白いのよね。

 

日本でソーラーパネルを導入している一軒家ってたまに見るけれど、まだまだ数は少ないよね。おそらくなくても生活に困らないからなのだろうけれど、原子力発電に頼るのは特に日本のような環境だと不安は拭えないから将来のことを考えるとソーラーパネルはとっても大切な存在になってくるんじゃないかな。

正直、僕は自分の家の外見はあんま気にならないかな…(笑)。別にソーラーパネルがむき出しでも、発電効率がいいなら外装よりも性能を重視して早く導入してもらいたい(笑)。

車みたいにさ、外観はある程度まで飾ることは大切かもしれないけれど、本質的にはいかに効率よく快適にそして安全に人を運ぶことができるかという点であるはずだから、ソーラーパネルも同じように一定の段階に達したら早く普及して欲しいよね。

Thanks to our advertisers

環境に対する意識の低さ。

僕も正直なところ、20歳を越えるまで環境のことなんてあまり考えてもみなかったからなぁ。地球温暖化とか言葉を知っていただけで、これといった具体的な取り組みはこの年齢になるまで特にしてこなかったな。ゴミの分別も、テキトーにやっていたぐらいだ(笑)。

彼女はソーラーパネルと環境に対する意識を“種類の違う靴”で表現していたね。見た目が派手で大きな靴か、それとも見た目は地味でも環境に優しい靴か。

「印刷できる柔軟な有機太陽電池」を観た感想。【TED】

僕も20歳ぐらいまでは前者を選んでいたなぁ(笑)。無駄に靴底の熱いスニーカーとか買っちゃって、それが歩きにくくて足を痛めていることも知らずに2年間ぐらい履いていたよ(笑)。まだ押入れにあるから早く売っちゃわないと…。

 

なんかさ、環境にいい素材とかって手間が掛かっているから値段が高いじゃん。だから僕みたいなお金のない人ってなかなか手を出しにくいんだよね。だけどもし、みんなが環境を基準にモノを選ぶようになったらきっと値段も徐々に下がっていくんだけれど、やっぱりお金に余裕がないとそういう選択ってしにくいよね。

僕も環境にいいものとか選びたいけど、なかなか金銭的な余裕がないからさ。どうしても安いものを、つまりお金や見た目を基準に選んでしまうことがあるんだ。

この問題はどうすればいいんだろうね…。今のところ、僕はベーシックインカムが導入されてみんながお金ではない価値基準で働くようになったら、きっと余裕が生まれて違うモノの見方で商品を選ぶようになると思っているよ。

お金ではないところに価値を見出したいけれど、現実的にお金の問題で手を出せないというこの悪循環。早くどうにかならないものかなぁ…。

どうしてやり方を変えないの?

環境にいいシリーズの商品って世の中にいっぱいあるけどなんでみんなそれを選ばないかって、やっぱり値段が高いからだと僕は思うんだよね。

「印刷できる柔軟な有機太陽電池」を観た感想。【TED】

きっとさ、お金で選ばないんだったらみんな環境に優しいものを選んでいると思うよ。だけど1枚500円の長持ちする土に還りにくい化学繊維のTシャツと、1枚5000円の土に還りやすいけどすぐ磨耗してしまう天然素材のTシャツだったら、やっぱり多くの人は前者を選んじゃうと思うんだ。

僕だってすべて環境に優しいもの、人類にとって役に立つモノ目線で商品を選びたいしそういう生き方をしていきたい。いま僕は最上階に住んでいるから、もしソーラーパネルを取り付けることで貢献できることがあるならいますぐにでもしたいね。

だけどね、やっぱりお金の面で現実的に厳しいんだよね。

デザインとはなにかという話。

それと、彼女は現在のソーラーパネルが外観としてよくないからみんな取り付けたがらないみたいな話をしていて、もちろんそれは一理あるかも知れないけどそれよりも費用的な問題が一番大きいと僕は思っているんだよね。

てか、今回お金の話しかしてないな…(;’∀’)w

「印刷できる柔軟な有機太陽電池」を観た感想。【TED】

僕はこの見た目でも全然気にしないかなぁ。もちろん効率がよりよくて見た目が綺麗ならそれを選びたいけど、もしそれで余計な費用が掛かるのであればこのままでも十分だ(笑)。見た目を綺麗に見せるのは、アートの領域だよね。

“環境への取り組み”というデザインと、“外観をよりよく見せる”というアート。この2つが上手く噛み合わさると、もっとソーラーパネルは普及していくかもね。

まぁでも、最終的にはやっぱりお金の問題なんだよなぁ…。僕も少しづつだけど、高くても環境にいいものとか人類にとって役に立つモノを選んでいきたいな。

安いからダメとか、高いからイイとか、上だとか下だとかいう物事の見方とは違う視点をどんどん身につけていきたい。

Thanks to our advertisers