見た目が気にならない膝・肘のバイク用プロテクターが私服でも使えて快適!

ステルスプロテクター



バイクで転んだり事故したときのためにプロテクターを身に付けようとは思っても、ほとんどのプロテクターはゴツゴツしてダサいのばっかりですよね。

いくら安全性能が高いとはいえ、見た目がダサいものは付けたくなくなるし、かといってプロテクターなしで事故を起こせば怪我は避けられません。

「目立たず、安全性能が高く、気軽に身につけられるもの」が、本当に優れたプロテクターとしての役割を果たしてくれるものです。

僕が使っているRSタイチのステルスプロテクターは、ライダーが抱える「ダサいプロテクターはつけたくないけど、怪我はしたくない!」という悩みを解決してくれる優れたプロテクターです。

肌に直接つけるのでプロテクターの上から私服を着ても目立たないし、なおかつ高い安全性能を持っている優秀なプロテクターです。

バイク用プロテクターは見た目が気になるのが悩みだった。

バイク用プロテクターといえば、みなさん教習所で一度は身につけたことがあるゴツゴツしたやつですよね。

これはコミネの膝プロテクターで、教習所でも使われるくらい安全性能には非常に定評があり人気の商品ですが、何と言っても見た目がダサいのが悩みです。

いくら安全性能が高いと言っても、見た目がカッコ悪いせいで身につけなくなってしまってはプロテクターの効果を発揮してくれません。

プロテクターはいつも着用してこそ効果を発揮します。事故はいつ起きるかわかりませんから、そんなときに「プロテクターを身につけていたおかげで怪我をせずに済んだ!」と言えるように、いつも着用できる見た目や性能でなくてはいけません。

私服を着てもタイチのステルスプロテクターは目立たない!

タイチのCEステルスプロテクター肘・膝です。

そんな「安全性能が高くて、見た目が気にならないプロテクターが欲しい!」というライダーのお願いを叶えてくれたのがプロテクターこのRSタイチのステルスプロテクターです。

これ、僕の私服なんですが見てください。中にプロテクターをつけているなんてわからないでしょ?

タイチのステルスニーガードとエルボガードをつけて私服を着ています。

真横から見てもプロテクターをつけてるようには見えません。

タイチのステルスニーガードとエルボガードをつけて私服を着ています。

腕を曲げるとプロテクターが少しこんもりするぐらい。でも全然目立ちません。

タイチのステルスニーガードとエルボガードをつけて私服を着ています。

膝プロタクターを身につけた状態で細いジーパンを履いているんですが、膝を曲げても全然目立ちません。言われなきゃ分からないレベルです。

タイチのステルスニーガードとエルボガードをつけて私服を着ています。

タイチのステルスプロテクターは肌に密着させるタイプなので、上から私服を着てもプロテクターが目立たないのが最大の特徴です。

僕はアメリカンタイプのバイクに乗ってるので、ゴツゴツしたプロテクターをつけた途端にダサくなるのがものすごく嫌だったんですが、これなら目立たないのでいつもバイクに乗るときは身につけています。

プロテクターをつけてドヤ顔しています。
宮川 輝
これでもバッチリプロテクター身につけてるんだぜ?

プロテクターは持っているだけでなく、いつも身につけていなくちゃ意味ないですからね。私服でも目立たないので、ちょっとバイクを走らせるときでも気軽に身につけられて安全性が格段に上がっています。

実際にタイチのステルスプロテクターを使ってみて感じたこと。

タイチのステルスプロテクターを実際に使って見た感想です。

実際にこのステルスプロテクターを身につけながら300kmほどバイク走行をしてみて、感じたところを紹介していきます。

プロテクターをつけてる感じがしないから、快適に走行できる。

服の外からつけるプロテクターは、走行中にずり落ちてきたり締め付けがキツなってくるので、信号で止まったときに位置をなおさなくちゃいけないし、運転中に引っかかると危険です。

でもこのステルスプロテクターは肌に直接つけているのでずり落ちてくることもなく、バイクに引っかかることもないし、なによりプロテクターを身につけてる感じがしないので運転中は快適です。

タイチのステルスエルボガードを実際に着用して見ました。

腕に直接着用できます。

腕を曲げたりしてもプロテクターがずれることはありません。

タイチのステルスエルボガードを実際に着用して腕を曲げてみました。ゆとりがあります。

プロテクターをつけた状態で曲げても大丈夫!

走行中にプロテクターを気にしなくていいのは本当に快適ですね。

膝プロテクターも同じように肌に直接身につけられて、なおかつマジックテープで止められるので走行中は全く気になりません。

タイチのステルスニーガードを素足で実際に着用してみました。

膝に直接ステルスプロテクターを身につけられます。

上からジーパンを履いた状態で膝も曲げられます。さすがに曲げすぎるとジーパンは伸びないので膝がキツくなってきますが、走行中に曲げる程度ならまったく気になりません。

タイチのステルスニーガードを実際に着用してジーパンを履いて曲げてみました。

ステルスプロテクターの上からジーパンも履けます。

ライディング中にプロテクターを気にしないでいられるのは非常に快適でした。

薄くて軽く、高い安全性のあるCE規格をクリアしている。

タイチのステルスプロテクターはヨーロッパの高い安全性能を誇るCE規格をクリアしています

ヨーロッパのCE規格に合格した高い安全性能を持っています。

日本のヘルメットにはJIS規格といった安全基準がありますが、プロテクターに関してはないんですね。

タイチのステルスプロテクターの中身です

ステルスプロテクターの中身です。

ステルスプロテクターの中身にはこのようなプロテクターが入っていて、パッと見ると「しっかり守ってくれるの?」と思うような薄さと軽さなので、安全性に関しては心配でした。

ですが、ヨーロッパにはプロテクターの非常に厳しいCE規格という安全基準があって、この素材は数トンという衝撃に耐えられる構造になっているようです。

なおかつ薄くて軽い素材で作られているので、走行中に重さを全然感じませんでした。

ステルスプロテクターを手で曲げようと思っても絶対に無理です。

手で曲げようと思っても絶対に無理です。

身につけてると体と一体になるのでとても安心感があります。

プロテクターを取り外して洗濯できる。

タイチのステルスプロテクターは洗濯することができます。

プロテクターを外して洗濯することができます。

肌に直接身につける、使っているうちにだんだんと汗臭くなってきます。裏生地がメッシュになっていて通気性はよいものの、布なので汗を吸収していきます。

でも、このプロテクターはプロテクターと布を取り外せます。なので汗臭くなった布を洗濯することができるんです。

夏場はどうしたって服の中が汗で蒸れてきますから、汗臭いプロテクターを使わずに洗ってしまえるのは非常に嬉しいです。

気軽に着用できて怪我から守ってくれるプロテクター。

いつでも気軽に着用できるプロテクターが理想的です。

外に出かけるとき服を着るように、バイクに乗るときも当たり前のようにプロテクターを身につけることが理想的です。

そのためには見た目と安全性能、そして気軽さを持っている必要があるのですが、タイチのステルスプロテクターはそれらを全て兼ね備えた最強のプロテクターだと思います。

特にバイクで転倒したときに怪我をしやすいのは体の出っ張った部分である、肘と膝です。プロテクターを持っているのにカッコ悪いからといって身につけずに転倒して、後遺症になるような大怪我をしてしまってはプロテクターの役割を果たしてくれません。

いつ起こるかわからない事故を防ぐためにも、気軽につけられて安全性能が高く、目立たないものが本当のプロテクターとしての役割を果たしてくれるはずです。

プロテクターを選ぶときは安全性能はもちろんのこと、「いつも身につけられるものかどうか?」を確かめましょう。

怪我しないで楽しいバイクライフを送るためにも、プロテクターは絶対に身につけましょう!