人生で初めて坊主頭にしてわかった7つのメリットと3つのデメリット!

坊主頭にした写真



こんにちは、人生で初めて坊主頭にしてみました宮川 輝です。

どうでしょうこの頭、僕的にはとても気に入っているのですが慣れないので自分でも笑えてきます(笑)。

 

僕は仕事柄もあって部屋にこもって作業することが多いのですが、そうすると毎日外にも出るわけでもないのに毎日お風呂に入って髪を洗ったりするのが面倒になってきたんです。

なので、「いっそ坊主頭にしてしまえば、楽になるんじゃない?」的な軽いノリで、自分でバリカンを買ってきて思い切って坊主頭にてみました!

そしたら色々と気がついたことがあったので、ここでは僕が人生で初めてまる坊主頭にして分かった、7つのメリットと3つのデメリットを紹介していこうと思います。

これから坊主頭にされる予定のある方は、僕の経験を参考にしてみてくださいな!

僕が坊主頭になる前の髪型がこちら。

まずは僕が坊主頭にする前の髪型がこちらです。

まる坊主頭にする前の髪型

前に宮川大輔みたいな髪型にしたことがあって、そのときの髪型が伸びてきた感じですね。その様子についてはこちらで紹介しています。

宮川の俺が宮川大輔風の髪型にしてもらった結果www

僕は小学生の頃から髪が短いのが嫌いで、いつも耳が隠れるくらいの長さまでのばしていました。

それから20歳を過ぎた頃からですかね。なんか今までの長い髪型が嫌になってきて、今度は耳を出すくらいに短くすることも多くなりました。僕を中学生の頃から担当してくれている美容師の人にも「なんか、ここ最近はよく短くするよね^^!」と言われるようになっていました。

で、最近はもう外に出る機会もないので、いっそ思い切ってバリカンを買って坊主にてみようか、という軽いノリでやってしまいました。あれだけ短い髪型を嫌がっていたのに極端ですよね(笑)。自分でもびっくりしてます。

坊主頭にした髪型がこちら!

そして、こちらがまる坊主頭にした僕の写真です。坊主にしてから5日後くらいに写真を撮ったのでちょっと伸びちゃってますが、だいたいバリカンで5mmに設定して切りました。

坊主頭の写真正面

 

こちらが側面。

坊主頭の写真側面

 

そしてこちらが後頭部。

坊主頭の写真後頭部

自分で坊主にしたので。ビミョーに長い髪がちょっと残っていたり切りそろえられていない部分もあるのですが、まぁあまり気にしていませんね。

こんな感じで、坊主頭にすると自分の頭の形がはっきりとわかります(笑)。オレって意外と頭の形良くね…?デカイけど。

初めて坊主頭にしてわかった7つのメリット!

丸坊主にして1週間くらい過ごしたので、気がついたことをまずはメリットから紹介ていきますよ!

1.散髪代が浮く

まず一番大きいのは散髪代が浮くことですねぇ。

専門学生時代はかなりオシャレに気を使っていたので、東京でパーマをかけると余裕で1万円くらい飛んでいくこともありました。いま考えるととんでもない無駄だ…どうせ2ヶ月後にパーマなんてなくなっちゃうのに。

それからは普通にカット+シャンプー+マッサージで、だいたい1回につき4000円程度の料金でした。でも今回は坊主にしたのでその散髪代が浮きました!これはお財布にとっても嬉しいですね〜。

もしこのまま1年間坊主頭で過ごすとしたら、1年間あたり2万4000円くらい浮かせることができる計算になりますね。かなりデカイ料金です。節約したい人に坊主頭はかなりオススメです。

2.寝癖がつかない

これまで寝癖と戦わない日は1日たりともありませんでしたが、坊主にしたことによってそんな戦いとはすっかりおさらばになりました。

ほら、僕みたいに寝癖がつきやすい人って、寝るときに「寝癖がつかないように…」なんて髪の毛のことを考えながら枕に頭を置いたりするじゃないですか。また寝返りを打つ度になん度も気にしたり…。あの面倒な気遣いがなくなったので、かなり快適に眠れるし朝も爽快です。

さらに僕の髪型はかなりの剛毛なので、1度寝癖がつくと風呂に入って髪を洗い流しでもしないと真っ直ぐにならなかったりして面倒だったんですよね…。でも坊主にしたら、そもそもつく癖がないので朝起きたら顔を洗うくらいで済むようになりました。

3.髪型をセットする手間が省ける

で、髪がないので髪型をセットをする手間も省けました。

いつもだったら朝起きて、まず寝癖を直してからドライヤーとヘアアイロンで髪型を作って…なんてことをやって、だいたい10分〜15分くらい髪型をセットするのに時間を使っていました。

でも、坊主なのでやることがありません(笑)。髪型セットの時間は0分ですw。僕みたいに時間に追われている人間にとって坊主頭は時間を短縮できる最高の手段ですね!

4.ワックスを使わなくなった

僕が使っている整髪料の写真

髪が長いときは固形型のワックスか、ポマード(グリース)のツヤが出るものを使っていましたが、それらの整髪料も使わなくなってしまいましたね。

ワックス代も意外とバカにならなくて、業界最安値の『ギャッツビー』とかならまだいいんですが、僕は1つ3000円くらいする結構高いものを使っていましたから、このお金が浮くのもありがたいですね。

あと僕はワックスを流さないまま寝ることもあったのですが、それだと毎回枕に巻いてるタオルを取り換えなくちゃいけなかったり、寝起きがさっぱりしなかったり、うまく洗い流せなかったりで結構煩わしかったので、ワックスを使わないことでそうしたことを気にしなくなったのも嬉しいポイントです。

5.シャンプーがめちゃくちゃ楽!

今までだったらシャンプーをワンプッシュしても足りないくらいだったのに、今はワンプッシュも使ったら額からシャンプーが垂れてくるレベルです(笑)。ほんと、10円玉サイズくらいのシャンプーしか使わなくなりましたね。おそらく水道代の節約にもなってると思います。

ただ、坊主にしたことでシャンプーの泡が立たなくなったのが微妙なデメリットです。しっかり指の腹を押し当てないと頭皮まで洗えない感じ。だからと言って爪を立てすぎると頭皮を傷つけるので、最初は坊主頭を洗うのが難しかったです。

でもでも、今はもうゴシゴシ洗えるくらい指先の感覚も掴めたので、シャンプーがめっちゃ楽になりました。

あとはもちろん、髪の毛がないのでリンスーも使ってません。僕は元からリンスーが嫌いでしたからね。洗い終わったのにヌルヌルが残って好きじゃありませんでしたから、この点も僕にとってはメリットです。

6.人からどう見られているか気にしなくなった

あとこれは人にもよると思うんですが、髪型のセットにこだわる人って少なからず”人からどう見られるのか”を意識していると思うんですよ。

でも僕は今回坊主にしてみたことで、今まで”自分を魅せていたもの”を取っ払ったら、人からどう見られているかを気にすることが少なくなりました。

例えば、少し具体的な話になりますが、これまでだったらスーパーに買い物に行くときにでも、「知り合いに見られても大丈夫なように…」とか気にして、髪型をセットしていたんですよ。そんなの、人生おいてはどうでもいいことなのに。

でももう髪の毛がないから髪型なんてもので繕えません。そうすると、必然的に人からどう見られてるかなんて気にしなくなりました。

無駄なところに労力も気遣いもしなくて良くなったので、これは僕的にはめちゃくちゃ嬉しいことだったりします。

7.最高に気持ちいい

あとはもうみなさんご存知の通り、坊主頭にしたらめちゃくちゃ気持ちいいです。もうね、言葉じゃ言い表せないぐらい爽快で気分まで晴れやかになります。

僕の親父がよく「スキンヘッドにしたらどれだけ気持ちいいだろうか」なんてことを口にするんですが、ほんとその気持ちわかります。なんか坊主頭に慣れてくると、5mmとかいう短さでも煩わしく感じてくるんですよね。

ただお坊さんのようなツルツル頭にするためには、僕の心の壁をもう一つ超えなくちゃいけないので今は見送ります(笑)。死ぬまでに1回はやってもいいかな…。

でも5mm頭の坊主でも十分気持ちいいですよ。特にこれから夏の季節なので。もっともっとこの坊主頭が効果を発揮してくれるようになると思います。

坊主頭にして気がついた3つのデメリット。

さて、僕的には坊主頭にしたことによってメリットを感じているんですが、それでもやっぱりデメリットの部分もあるなぁと思うので、その気になった箇所を3つだけ紹介していきます。

1.日差しが強いと頭皮が焼けるほど熱くなる

僕が丸坊主にした季節は6月。ちょうどこれから日差しが強くなる季節ですね。

これまでは髪の毛があったから全く気づかなかったんですが、坊主にすると日差しがけっこう頭皮にきます。焼けるように熱くなります。おそらく真夏日になると頭皮が日焼けするようになるんじゃないかな。

まだ僕は初めてなのでわかりませんが、おそらく頭皮の弱い方にとっては大きなデメリットになるのではないでしょうか。頭が日焼けしちゃうと、シャンプーができなくなりそうで怖いかも。

2.年齢より若く見られる

こないだ坊主頭にして初めて外食に行った時、隣の席に座っていた60代くらいのおばあちゃんに「あら、高校生?野球部なの?」って聞かれました。いや、僕は21歳の社会人です…。

これまで僕は大人に見られることが多かったんですが、なんと坊主頭にしたことで年齢よりも若く見られるようになりますが。まさか18歳ぐらいの高校生と間違えられるなんて…ちょっと複雑な気分(笑)。

サングラスをかけたり剃り込みを入れたらきっと若くは見られないのでしょうが、どうしても坊主頭にすると”スポーティー”な印象があるので、若く見られがちかもしれませんね。

逆にいうと若く見られたい人にはオススメかも。白髪とかあっても隠せるもんね!

3.オシャレがしにくい

そして最後に、坊主にするとオシャレがほとんどできなくなります。

書店に並んでいるどんなファッション雑誌を見ても、坊主頭のモデルさんってあんまりいないんですよね。両サイドをツーブロックにしているだけで、やっぱり髪の毛をどこか残してワンポイントを作っていることが多いです。

まぁいまの僕は特にオシャレを必要としていないし、外に出る機会もそうないので坊主頭にしましたが、オシャレをしたい人にとっては全くオススメできない髪型ですね。

まとめ。

今回気まぐれで人生初の坊主頭に挑戦してみましたが、その理由を一つ挙げるとすると“人生をもっとシンプルにしたいから”なんですよね。

例えば、Appleのスティーブ・ジョブズは日々の決断を少なくするために、毎日同じ服を着ていました。そしてFacebookのザッカーバーグも毎日同じ服を着て、無駄な決断をする回数を減らしています。

僕も彼らと同じように、自分の人生にとって必要でないことに割く時間を減らしたかったんです。今の僕に髪型を気にする暇はない。だから坊主にした、という経緯です。

なので、僕のように坊主頭にするときは”自分の中で何を目的にするか”を決めて挑戦したらいいんじゃないでしょうか。人に見られる仕事でもしていない限り、髪の毛なんてのは気にするだけ時間の無駄ですからね。

それでは以上、僕が人生初のまる坊主頭にして気がついたことの挑戦でした!

今はこの髪型がとても気に入ってるので、おそらく次も坊主にします(笑)。そのときはまたブログのネタになるようなコンテンツを作りたいなぁ。

そんな感じっ!