歌の息継ぎは鼻、それとも口?ボイトレで参考にしたい息を吸う豆知識。

歌うときの息継ぎを鼻からするか口からするかで迷ったら。
Thanks to our advertisers


歌っているときの息継ぎって、口でするべきか鼻でするべきか迷いますよね。

僕もボイトレをしていたときに、講師にこんな質問をしたことがあります。

宮川 輝
歌っているときの息継ぎって、鼻から息を吸うんですか?それとも、口から息を吸うんですか?

なぜこんなシンプルなことが気になったかというと、どんなボイストレーニングの本を読んでも息を吸うときの方法は必ず「鼻から吸う」と書かれているのですが、実際は口で息継ぎをしている歌手も多かったからです。

おそらくこの記事を読んでいるあなたも、「口で息継ぎした方が歌いやすいんだけど…」といった疑問があったので、こちらの記事に足を運ばれたのかもしれません。

 

そこで今回は、そんな単純ですがとても大切な疑問に、僕が学んできた豆知識を紹介します。

正解はありませんが、少しでもお役に立てましたら幸いです。

Thanks to our advertisers

ボイトレでは「鼻から息を吸って口から吐く」と教わる理由。

僕は声優養成所にも通っていたのですが、そこでもやはり「鼻から息を吸って口から出す」という方法を基本にして教わってきました。

ボイトレ教室で教わる呼吸法は鼻から吸って口から吐きます。

鼻から吸って口から吐くのが基本です。

またどんな歌の上達法が載ったノウハウ本であっても、だいたい呼吸法というのはこのように紹介されているはずです。

しかし実際に歌うとなると、鼻から息を吸うよりも口から吸った方がより多くの空気を素早く肺の中に溜め込むことができるんですね。

それなのになぜ、ボイストレーニングでは「鼻から息を吸いましょう」と教わるのでしょう。

 

その理由は、実は腹式呼吸を覚えやすくるためという、息継ぎとはまた違う目的が含まれているからです。

歌の基本が分からない初心者の方がよくやってしまいがちなのが、胸式呼吸(きょうしきこきゅう)という呼吸法で、これは胸で息を貯めようとするため、十分に空気を吸えない呼吸法としてよく扱われています。胸式呼吸をしてしまうと、力強く吐き出すことも、長く細く息を吐き続けることもできないからですね。

実際にやってみると分かるのですが、鼻から息を吸うと、必然的にお腹に空気が溜まっていきます。これがいわゆる腹式呼吸(ふくしきこきゅう)と呼ばれる呼吸法で、声優や歌手などが習得している息継ぎの方法です。

もちろん口から息を吸うことによっても腹式呼吸はできるのですが、最初のうちは口から吸うと、どうしても普段の胸式呼吸(きょうしきこきゅう)になってしまいがちなのです。

そのため、発声練習の基本は“鼻から息を吸って、口から吐く”という呼吸方法が採用されているのです。

ボイトレでは基礎が身につくまで鼻から息継ぎをしよう。

ですので、初心者の方であればまずは腹式呼吸が身につくように、ボイストレーニングでは“鼻から息を吸う”ようにすることが望ましいです。

というのも、僕も昔は腹式呼吸ができずに“ミックスボイス”という発声ができなかった苦い経験があります(笑)。

宮川 輝
鼻に息を通して…声帯を締めすぎないで…顎の力を抜いてるのに…ミックスボイスがだぜない!
ボイストレーナー
ちゃんと息、吸えてる?
宮川 輝
はっ!!!

こんな感じで、初心者だったために口から吸うことばかりに気を取られ、大切な腹式呼吸ができていませんです。

呼吸は24時間、常にしているもので、大体の人は胸式呼吸をしているものですから、歌うときに腹式呼吸に切り替えるのはなかなか難しいんですね。

なので、できれば鼻から息を吸いながら腹式呼吸になるように意識することが望ましいと言えるでしょう。

慣れてきたら歌いやすい方法で息継ぎをしよう。

そして、慣れてきたら歌いやすい息継ぎに変えていけばいいと思います。

鼻から吸っても口から吸ってもオッケー!

慣れたら歌いやすい息継ぎをしましょう。

プロのアーティストのライブを見に行った方はわかるかと思うですが、歌ってるときに鼻から呼吸してる人はまずいません。

ライブの映像を見ても、呼吸するときは口を大きく開けて、空気をたっぷり吸って息継ぎしています。

なぜなら口から吸った方が多くの空気を吸えるし、素早く吸えるから鼻よりも楽に歌えるんですね。

口で息継ぎをすると「喉が渇きやすい」といったデメリットもありますが、それ以上に空気をいっぱい体の中にためながら歌えるので、力強い声が出せたりとメリットのほうが大きいのです。

でもそれは、歌の基礎である腹式呼吸が身についているからこそできることです。

歌の基礎が身についてない段階でやってしまうと、息は吸えても力強い歌声にはまずなりません。

また変な癖がついてしまうかもしれませんので、吸える空気の量は少なく苦しくなるかもしれませんが、我慢して鼻から呼吸したほうがいいです。

鼻で呼吸するトレーニングを続けていれば、自然に腹式呼吸が身についていくはずです。

そして、口で息を吸っても腹式呼吸で歌えるようになったとき、力強い歌声に変わっていることを実感できるようになります。

そうなればもう「歌の途中で空気がなくなっちゃう!」「力強い歌声にならない!」といった悩みは解消されて、より歌のが楽しくなると思います。

Thanks to our advertisers