「大気中から二酸化炭素を取り除くことで気候変動を止められる?」を観た感想。

「大気中から二酸化炭素を取り除くことで気候変動を止められる?」を見た感想。【TED】
Thanks to our advertisers


ここ最近は自然災害が多すぎる。

2018年に発生した台風21号の影響で西日本は豪雨による多大な被害を受けて関西空港は陥没したし、北海道では地震による土砂崩れが起こったり、カリフォルニアでは東京都ぐらいの大きさの山火事も起こった。

すべて人間が起こした気候変動が影響しているのか、それとも地球の周期が影響している自然現象なのか、専門家でも意見はマチマチで、素人の僕には正直なところまったく分からない。

だけど、何かがおかしいことだけは感覚で分かる。そしてその一因に気候変動が影響していることは間違いないのかもしれないが、たぶん問題のコンポンは人間にあるはずだ。

僕たちが繋がれば、きっと気候変動なんてのは止められるだろう。

人間も自然の一部なのだから。

Thanks to our advertisers

環境を完全に把握することではない。

どれほど調査を進めて改善策を見出しても、僕たちは地球環境を完全に把握することはできない。それが地球温暖化の影響なのか、それとも自然現象なのかは見方によっても変わることだ。しかし、だからといって何もしないわけにはいかない。このバランスが非常に難しいところだ。

もしかしたら、地球の環境を守ろうとする取り組みが、結果として悪い影響を及ぼす可能性すらある。さすが地球工学研究者。この両面をしっかり捉えている。

「大気中から二酸化炭素を取り除くことで気候変動を止められる?」を見た感想。【TED】

僕は大きな目標に取り組むときは、必ず小さなことから忍耐強く・辛抱強く取り組まなくてはならないと思っている。

短期的な結果を求めると手段の質は望めない。それは正義を理由に悪と戦っている人間が、実は自分と他の人間たちに苦しみを与えていることに気付かないようなものだ。それでも結果は出るかもしれないが、付け焼き刃では鋭い切れ味は保てない。

 

専門家がこうした取り組みに短期的な結果ではなく、長期的で手段の質にこだわっていることが分かり安心した。これは世代を越えて取り組まなくちゃいけないからね。

「大気中から二酸化炭素を取り除くことで気候変動を止められる?」を見た感想。【TED】

環境を改善するための取り組みに対する批判にもしっかり向き合っているようだ。素晴らしい…。

小さな取り組みから始める。

そういえば学生時代を振り返えると、電気スイッチの横に「STOP地球温暖化!こまめな節電を!」というメッセージが、変な顔文字付きで書かれていたのを思い出した。

気候変動を止めるということは、つまりCo2を削減することで、現在地球に蔓延しているものを取り除くには科学的な力が必要だから僕の知識と技術では無理だけれども、これから使う資源を削減することならできそうだ。

気候変動に限らず、世界平和とか大きな目標を目の前にすると昔はつい「大きなことに取り組まなくちゃいけない…!!」という強迫観念に狩られていたけど、実はそんなことをする必要ってのはないんだよね。

もちろん長期的な目標を持つことは大切だけど、大きなことはすべて小さなことから成り立つのであるから、まずは目の前の出来ることから始めればいいんだ。

いきなり専門知識を身につける必要はないし、そんなことをしなくても出来ることはいくらでもあるからね。

 

「大気中から二酸化炭素を取り除くことで気候変動を止められる?」を見た感想。【TED】

自分の行動を見直してみよう。どんなに小さなことでも、そこから気候変動や地球温暖化を改善する意識が芽生えるはずだ。

地球を変えるためではなく、自然の状態に戻すために。

Thanks to our advertisers