カラオケでおすすめの定番クリスマスソング!ベスト20曲【邦楽・洋楽】

カラオケで定番のクリスマスソング20曲を紹介します。
Thanks to our advertisers


クリスマスシーズン。忘年会や飲み会でカラオケに行く機会も多い冬の季節にぴったりな曲を邦楽・洋楽合わせて20曲にしてまとめました。

冬の季節にカラオケで「何の曲歌おうか?」と迷ったら、とりあえずクリスマスで定番の曲を歌えば盛り上がること間違いなし!

懐かしの名曲、恋愛したくなる曲、失恋を思い出す曲など、定番のクリスマスソングには冬ならではの魅力がつまってます。

子供から大人までクリスマスに歌いたくなる曲たちを紹介していきます!

Thanks to our advertisers

カラオケでおすすめの定番クリスマスソング!ベスト20曲【邦楽・洋楽】。

1.ジングルベル

「クリスマスだけど何から歌おうかな…?」と迷ったら、とりあえずジングルベルを歌おう!この曲を聞いてクリスマス気分にならない人なんていないぜ!

歌詞がわからなくても「ジングルベル〜♪ジングルベル〜♪鈴がなる〜♪」まで歌えればあとは流れで歌えるはず。そのくらい日本人なら馴染みがある曲です。カラオケは序盤に盛り上がることができればその日のみんなのテンションも上がること間違いなし。

クリスマスだからっていきなり恋愛や失恋ソングはNG。まずは楽しくみんなが知ってる定番のクリスマスソングから入るのがおすすめ。

2.赤鼻のトナカイ

「真っ赤なおっはっなの〜♪トナカイさんわ〜♪」

ここまで歌えれば、あとは歌詞見ながら適当に歌えるくらいクリスマスの定番ソング。ジングルベルからの赤鼻のトナカイはかなり盛り上がると思う。

この二つは子供も一緒に歌えて楽しめる定番ソング。クリスマスといえど、やっぱり最初は盛り上がらなくっちゃね!

3.We wish you a merry christmas

洋楽だけど日本人にも馴染み深い、クリスマスをお祝いする曲です。

サビの部分しか分からなくても、カラオケで歌えばみんなで盛り上がれる曲なので序盤に歌うと効果的。

カラオケだけじゃなくて家に帰ってケーキを食べながらも流したい一曲ですね。子供も楽しめるリズミカルで覚えやすい曲です。

4.きよしこの夜

幼稚園のときのクリスマスでよく歌った曲。クリスマスシーズンになるとスーパーが閉店するときによく流れるようになる定番曲です。

この曲は盛り上がりというよりもみんなで歌って落ち着ける曲。歌の上手い下手関係なく歌えるから、盛り上がる系の曲が苦手な人にはおすすめ。

5.「クリスマスソング」 backnumber

今、高校生ぐらいの若者に「クリスマスソングと言えば?」って質問したら、間違いなくbacknumberの「クリスマスソング」がランクインするはず。それぐらい人気で日本の定番クリスマスソングです。

メロディーよし、歌詞よし、歌声よし。曲のテーマが恋愛・失恋ってところが若者の心を掴んでますね。僕もがっしり掴まれて毎年クリスマスが来ると必ず聞いてます。

ただ、歌うのにはちょっと難しい曲ですね。特にサビの部分が高音が多いので「途中で歌えない!」なんてことにならないように、何曲か歌って喉が温まってからがオススメ。

6.「恋人がサンタクロース」 Flower

この曲はもともと松任谷由実さんが1980年にリリースした曲。だけど最近のアーティストがカバーしてるから若者にも馴染みのある曲になってます。メロディーが馴染みやすくて、歌詞も難しくないからカラオケで歌いやすい曲です。

デンモクで「恋人がサンタクロース」で曲名検索すると複数のアーティストが出てくるので、好きなアーティストの「恋人がサンタクロース」を入れるのがおすすめ。アーティストごとにテンポやリズムが違うので、知らないアーティストの曲は同じでも歌いにくいかも。

でも曲自体は簡単なので、どのアーティストでもメロディーさえ知ってればすんなり歌えると思います。

7.「冬がはじまるよ」 槇原敬之

冬になるとカラオケやスーパーなどのお店で流れる定番の曲といえば、槇原敬之の「冬がはじまるよ」。マッキーの曲は聴くだけで「お、冬がきたなぁ〜」という気分になります。

さらにマッキーは冬特有の”人恋しさ”を思い出させてくれる曲が多いから、恋愛経験の多い人にはぐっと刺さるはず。他にも「雪に願いを」とか「君に届きますように」もクリスマスにぴったりの曲。マジでマッキーの歌声に心抉られる…。

80年代の人だけじゃなく若者でも一度は耳にしたことがある曲と歌声だと思うので、覚えて歌えば老若男女関係なく盛り上がれる曲です。

8.「粉雪」 レミオロメン

「粉ぁ〜雪ぃ〜ねぇ〜心まで白くぅ〜染められたならぁ〜あぁあぁ〜♪」です。

20代を中心とする若者なら、小中高のときに一度は耳にしたことがある冬の定番曲です。僕は卒業式で流れてましたね。あれ、卒業シーズンって春だよな…。

冬といえばクリスマス。クリスマスといえば雪。雪降る季節に学生時代だった頃の恋愛を思い出させてくれるような曲で。カラオケで昔の仲間や彼氏・彼女と一緒に歌うのがオススメ。

9.「雪の音」 Greeeen

GReeeeNの多くはミュージックビデオ付きでカラオケマシンに収録されているから、歌う方も聴く方も楽しめる曲が多いのが特徴です。中でも「雪の音」はクリスマスにぴったりの曲だから盛り上がること間違いなし。

メロディーが簡単なので歌いやすいのも特徴ですね。イントロは優しく、サビでは力強く歌えるので歌うのが下手でも気にならないです。

他にも「旅立ち」や「キセキ」「遥か」など、冬の寂しさを思い出すような曲もオススメ。懐かしのヒット曲が盛りだくさん。

10.「Mariah Carey」 All I Want For Christmas Is You

ある程度盛り上がってきたところで洋楽を入れるとよし!洋楽で定番のクリスマスソングといえば「All I Want For Christmas Is You」です。

いろんなアーティストがカバーしてるので、迷ったら本人映像付きをいれましょう。本人映像があるだけで歌ってる方も聞いてる方も楽しめます。

英語も難しくないしノリで歌える曲だから歌詞を見ながらでおっけ。わからなかったら「ふんふんふん〜♪」でもよし。あ、その場合は一緒に歌える人を準備しておこうね、シラけちゃうとあれだし。

11.「白い恋人達」 桑田佳祐

80年代を代表する日本のアーティスト。サザンオールスターズのボーカル、桑田佳祐さんの「白い恋人達」は、大人だけでなく若者も一度は耳にしたことがある曲。

曲のタイトルを見てもメロディーが浮かばないかもしれないけれど、曲を聞いたら「あ、聞いたことある!」と思い出すこと間違いなし。会社の上司とカラオケに行くときなんかに準備しておくと「お、桑田佳祐歌うなんて分かってんな〜!」と褒められて可愛がられること間違いなし。マジでサザン好きの中年おじさんはいい人しかいないから。

桑田さんというか、サザンの曲は歌詞もメロディーも簡単で覚えやすいので、カラオケに行く機会の多いクリスマスシーズンには練習におすすめなアーティストでもあります。

12.「Winter, again」 GLAY

ヴィジュアル系ロックバンドのクリスマスソングで定番になっているのは、GLAYの「Winter,again」です。

僕は正直、ヴィジュアル系の曲は聞かないので知りませんでしたが、ロック好きの友達が「冬の曲はこれしかないっしょ!」というくらい冬の定番ソングみたいです。でもクリスマスなのでヘドバンとかしないです。冬らしい切ない曲です。

万人受けではないものの、知っている人同士ならクリスマスに一緒に歌えます。メロディーが単調なので知らない人と歌うとシラケるかも。

13.「クリスマス・イブ」 山下達郎

1998年に東海JRのCMに使われて以来、クリスマスの定番ソングとなったこの曲。2014年には流行りの女優を使って、新しくPVが作られるほどの人気ぶり。冬の季節になるとデンモク履歴を探せば絶対見つかるほどクリスマスの定番曲です。

ただ1人で歌うと泣きたくなるから注意。「クリスマスに彼女と別れた」って人を泣かせるために歌うのがオススメ。失恋した心にマジで突き刺さる曲です。

「雨は夜明けすぎに雪へと変わるだろう」ってめっちゃいい歌詞すぎる…。泣きたい…。

14.「スノーマジックファンタジー」 SEKAI NO OWARI

「空は青く澄み渡り〜♪」が大ヒットしたセカオワのクリスマスソングで定番になったのが「スノーマジックファンタジー」。リリース直後は渋谷でよく流れていたので耳にした人も多い曲です。

ボーカルの深瀬くんは歌い方が特徴的だけど、特に真似する必要はなし!カラオケなら地声で歌える簡単な曲です。セカオワ好きならクリスマスソングはこれ決まり。

15.Let It Go/エルサ「アナと雪の女王」

「ありの〜♪ままの〜♪姿見せるのよ〜♪」

アナ雪は冬のアニメ映画だからクリスマスにぴったり。もはや日本の定番クリスマスソングにもなった「Let It Go」は、大人から子供まで歌って楽しめる曲です。日本語版でも英語版でも両方楽しめます。個人的には両方歌うのがオススメ。

LiveDamやJOYSOUNDならアニメ映像ありなのでで盛り上がること間違いなしです。サビは絶対に叫んで、出来れば振り付け付きで踊っちゃいましょう。エルサの真似しながら歌うのめっちゃ楽しいよ。

16.「雪だるま作ろう」アナと雪の女王

「雪だるま作ろう〜♪ドアを開けて〜♪」

もう一つアナ雪でクリスマスにぴったりな曲が「雪だるま作ろう〜♪」です。しっかり冬っぽい切なさが込められた歌詞なのでかなり盛り上がります。

一人二役でもいいけれど、やっぱりエルサとアナの役が二人いると面白い。画面の前で向かい合って歌っえればみんなをドッカーンと笑わせられますよ。

ただ、かなり恥ずかしいので人前で歌える勇気のある勇者にだけオススメします。歌えない人は歌える人を探して、横から「うぇぃ〜!!」って盛り上げ役になりましょう。

ノリノリで歌える人がいればカラオケの雰囲気が明るくなること間違いなしの曲です。

17.「HAPPY XMAS」 War Is Over

ジョンレノンの代表曲。ベトナム戦争まっさかりのときにリリースされた曲で、ジョンレノン本人が「永遠に残るクリスマスソングにしたい」という思いで作った曲だそう。

日本人がクリスマスをイメージして思い浮かぶ洋楽は少ないけど、この曲は40年の時を経ても世界中で受け継がれているクリスマスソングです。戦争ダメ、絶対。

昔はクリスマスを過ごせなかった人もいたことを知って、クリスマスを迎えられるありがたさを感じられる曲です。

18.「WISH」 嵐

初期の花より男子の主題歌。ドラマの舞台が主に冬なので、クリスマスの季節に歌うと沁みる曲です。花男の松潤はマジカッコイイ。

「花男みたいな恋がしたい〜!!」と悶え死なないよう注意。僕は歌わないで聞いて一人でグフグフしてます。

ジャニーズ好き・嵐好きなら歌って盛り上がること間違いなしですね。他にもマイナーだけど「あの日のメリークリスマス」という曲もあるので知ってる人同士ならオススメ。

19.「ぼくはサンタクロース」 FUNKY MONKEY BABYS

2013年に解散したファンキーモンキーベイビーズのクリスマスソング。今でもファンモン大好き。ライブの本人映像がいっぱいあるからカラオケに行ったら絶対歌ってます。

「ぼくはサンタクロース」はクリスマスっぽいしんみりする曲だけど、そこにファンモン独特の軽快な音楽がうまく乗ってて魅力的な曲に仕上がってます。一度聞いたら頭に残る、そんな曲です。

20.「Last Christmas」 Wham!

「洋楽のクリスマスソングといったらこれ!」という一曲。YouTubeで1500万回以上再生されてます。(2016年11月現在)

クリスマスに失恋したときの感情が歌詞に込められてます。英語だけど意味を理解できれば歌って浸れること間違いなし。

海外でも超定番のクリスマスソングですね。カラオケでも王道曲です。

Thanks to our advertisers