もう忘れない!曲の歌詞を覚えてカラオケで歌えるようになる3ステップとコツ

歌詞を覚える方法



ここでは、僕が歌の歌詞を覚えるために取り組んだコツを3つのステップに分けて紹介しています。

1つ1つの言葉にしっかりと感情を込めながら歌えるように歌詞を覚えていきましょう。

歌詞を覚える3ステップとコツ。

歌詞を覚える方法を紹介します。

1.歌詞を見ながら曲を聞いてみよう。

まずは最初に歌詞を見ながらでいいので、歌を聴いて歌詞の流れをつかんでみましょう。

歌詞は「歌ネット」、もしくは「j-lyric」から検索することができます。ほとんどの曲の歌詞はどちらかのサイトでヒットするはずです。

歌詞を見つけたら、それを見ながらひたすら曲を聴いてみましょう。

そうすることで、これまで早口でなにを言っているのか聞こえなかった部分が、少しづつでも明確に聞こえて来るようになるはずです。同じ箇所をループさせるのもいいですね。

また歌詞をよく見ることで、その曲に対する理解も深まります。それはそのまま、あなたの歌のうまさに直結する要素になります。

このステップでは1度ですべての歌詞を完全に覚える必要はありません。まずは歌詞を見ながら歌の聞いて、流れを掴めるようにしましょう。

歌詞を書き出すのもオススメです。
歌詞を書き出すことによっても覚えやすくなり、歌に対する理解を深めることができます。
少し時間が掛かる作業ですが、歌詞を覚えることは曲を理解する上でとても大切になります。
好きな曲を1回でもいいので、すべて書き出して自分なりに解釈しながら覚えてみましょう。

2.鼻歌で口ずさんでみよう。

歌詞を見ながら曲の流れを掴むことができたら、次は鼻歌でいいので実際に口ずさみながら歌ってみましょう。「ふふふふ〜ふふふ〜♪」とお風呂に浸かっている気分で、力を入れず気軽にやるのがコツです。

それと、もしできるのであれば「鼻濁音」という、鼻に息を通すことを意識しながら歌うことができれば最高です。

鼻濁音で歌えるようになると、実際に歌うときに綺麗な歌声になりやすいですので、まずは鼻歌でその感覚を掴んでいきましょう。最初は1フレーズずつでも大丈夫です。

「前回のステップで曲の流れと歌詞をだいたい覚えられた!」という方であれば、鼻歌で一通り歌ってみましょう。ここでは曲を止めることなく、つまづいてもいっぺんにやってみて、自分がどの程度歌うことができるのか確認するのがコツです。

3.実際に発声をして繰り返し練習してみよう。

鼻歌でだいたい歌えるようになったら、次からいよいよ実際に発声しながら歌う練習をしていきます。

いきなり1曲全てを歌う必要はありません。Aメロをやったら次はサビ、Bメロをやったら次はまたサビと、鼻歌の感覚を掴みながら、1つ1つの言葉をしっかり発声していくのがコツです。

この“部分的に繰り返す”というのがポイントでして、特に聞きなれないラップなどテンポが取りにくい歌詞であるほど曖昧にしながら歌ってしまいがちです。歌詞が覚えられないところは10回でも20回でも繰り返すことが大切です。時間をかけながら練習していきましょう。

すると、分からないところでも繰り返し口ずさんでいると、ある瞬間にふと「あ、この部分の歌詞は覚えられた!」と実感できるようになるはずですので、諦めずに根気よく続けていきましょう。

まとめ。

以上が、僕がよくやっている曲の歌詞を覚える3つのステップとコツです。

まとめるとこの3ステップになります。

  1. 歌詞を見て曲を聴く
  2. 鼻歌で歌ってみる
  3. 鼻歌から歌声にして、部分的に練習する

最初はなかなか歌詞を覚えにくいかもしれませんが、何曲も繰り返し練習していると必ずコツは掴めるようになります。

歌詞を覚えることは歌を上達させる上で欠かせない大切な要素ですので、時間を掛けてでもしっかりと覚えて歌えるようになりましょう。

それでは、あなたの歌声の上達に少しでもお役に立てましたら幸いです。