バイク王で「ドラッグスター400クラシック」を売ったときの買取価格は?

ドラッグスター400クラシックの買取価格
Thanks to our advertisers


先日、バイク王さんの方で僕の『ドラッグスター400クラシック』を買い取ってもらいました。

バイク王に査定してもらった3つの感想!評判と信頼があるのを実感できた。

とても信頼のできるバイク屋さんで、気持ちのよいお取り引きができて満足しております。

 

そこで、実際に僕の『ドラッグスター400クラシック』がいくらいで売れたのか、バイクの状態と一緒に買取価格を紹介していこうとおもいます。

また、あくまでこれは僕の場合であって、みなさんのバイクに必ずしも当てはまるものではありませんので、参考程度にみてみてください。

Thanks to our advertisers

僕が売った『ドラッグスター400クラシック』の情報と状態。

今回僕が売ったバイクの詳細はこちらになります。

認定型式/原動機打刻型式 EBL-VH02J/H602E
全長/全幅/全高 2,450mm/930mm/1,110mm
シート高 710mm
軸間距離 1,625mm
最低地上高 145mm
車両重量 247kg
舗装平坦路燃費 37.0km/L(60km/h)
原動機種類 空冷・4ストローク・SOHC・2バルブ
気筒数配列 V型, 2気筒
総排気量 399cm3
カラー ベリーダークオレンジメタリック1(ブラウン)
年式 2008年
総走行距離 8950km

仕様:ドラッグスタークラシック400

買取価格で重要になるのが、バイクの年式と総走行距離ですね。

希少価値があったりしてプレミア価値がついているものは別ですが、一般的にバイクは年式が古ければ古いほど、そして総走行距離が長ければ長いほど、買取価格は下がっていきます。

また、改造されてしまったドラッグスターは値段をつけるのが難しくなります。

マフラーを取り替えたりしてしまいますと、カスタムというよりも『改造品』ということで、純正品が揃っていないという扱いをされることもありますから、金額が上がるか下がるかは査定してもらうまで分からないところですね。

 

そして、こちらが僕が売った『ドラッグスター400クラシック』の状態です。

ドラッグスターはなんといってもタンクの綺麗さが命です。

立ちゴケしてタンクに凹みをつけてしまいますと、おそらくそれだけで5万〜10万円は引かれてしまうと思います。アメリカンバイクは見た目が命ですからね。カウル型よりも傷には厳しいです。

僕のタンクには鍵によるちょっとした傷はあるものの、ほとんど目立たないのでおそらく『傷なし』として扱ってくれたと思います。これだけで買取金額はグンと上がります。

 

そして、僕のドラッグスターには背もたれの『シーシーバー』と、『サイドバッグ』が取り付けられた状態でした。

サイドバッグと背もたれ

サイドバッグと背もたれ

これらはカスタムであって改造車ではないので、査定金額にプラスされる形となります。

ただ、片方のバッグが鍵を壊してしまいまして、折れた鍵が入った状態となっているので、サイドバッグはないものとしてカウントされたかもしれません。

なので、大きなマイナス評価を受けたのは以下の2点でしょうか。

  • 立ちゴケした時の、シフトバーの曲がり。
  • サイドバッグの鍵が片方だけ壊れてしまっていること。

僕の姉が乗った時に、坂道で一回転んでしまっているんですよね。

そのときにシフトバーがぐにゃりと曲がってしまったのと同時に、エンジン周りに若干の傷がついた状態だったので、これらが大きく減点されたと思われます。

それでもまぁ、タンクが傷つくのに比べたら全然ヘッチャラですけどね!査定の時に「もしかして、軽く転びましたか?(笑)」とちょっとだけ聞かれちゃう程度でした。

僕の『ドラッグスター400クラシック』は、21万円で売れました!

それでも僕の『ドラッグスター400クラシック』は、買取価格21万6000円で売ることができました。

ドラッグスター400クラシックの買取価格

ドラッグスター400クラシックの買取価格

おそらく、僕のバイクの状態である「サイドバッグが壊れていること」「立ちゴケした後があること」の2点が含まれると、買取相場は15万円がいいところだと思われます。

今回、僕がなぜ20万円を超える値段で買い取ってもらえたか、そして売ることができたのかというと、もともとこのバイクはバイク王から買ったものからだからです。

バイク王にあるバイクって、かなり厳しい審査を通ったものばかりで、買取するときは結構入念なチェックをするみたいなんですね。

違法な改造がされてないかとか、メーターは改ざんされていないかとかとか、厳しい審査が設けられています。

でも、僕のバイクはもともとバイク王から買い取ったもので、前のバイクがどんな状態だったのかすぐに比較してもらって「安心できるもの」だという判断をしてもらうことができました。

なので、通常の買取価格よりもちょっぴり高い値段で買い取ってもらうことができました。

もちろん、商談なので値段交渉もちょっぴりしましたけどね(笑)。僕もこの値段にはそこそこ満足しています。

まとめ。

バイクは季節による値段変動も大きく、ライダーが乗らない冬場は安く、夏場には高くなる傾向もあります。

僕はもちろんバイクの値段も売る時の大切な要素でしたが、それ以上に買い取ったバイクを大切に扱ってもらえるかどうかが、一番気になっていたりします。

もともとこのバイクは姉から譲り受けたものなので、それなりに大切に使っていたんですよね。

その気持ちを汲み取ってもらってか、バイク王さんにはかなり手厚い対応をしていただきました。ほんと、感謝しています。

バイクは状態によって値段は様々ですので、あくまで僕の「ドラッグスター400クラシック」は一つの買取価格例として参考にしてみてください。

それでわっ!

Thanks to our advertisers