ソフトケース入りのギターを梱包して発送する方法!

ソフトケース入りギターの梱包方法



この度、使わなくなったギターをメルカリに出品して購入していただいたのですが、運送会社に問い合わせたところ、ソフトケースのままでは発送できないと言われてしまいました。

なので、新しくハードケースだけ買ってその中にギターを入れて発送しようと思ったのですが、せっかくのオリジナルケース(Yairi)がもったいないなと。また、ハードケースだけでも買うと1万円以上してしまいますから、かなり多くな出費となってしまいます。

 

そこで今回、僕はソフトケースに入れたままでも発送できるように、プチプチなどでぐるぐる巻きにして梱包しました。

受け取ってもらえるか不安でしたが、ヤマトさんにお願いしてみたところ、しっかりと梱包されていたのでソフトケースに入れたままでも発送することができました。

ヤフーオークションやフリマサイトなどでソフトケース入りのギターを出品・発送しようと思われている方は、ぜひ僕の梱包方法を参考にしてみてください。

ソフトケースを梱包して発送する際の注意点
基本的に、ギターはソフトケースに入れた状態では発送することができません。
ですので、相手に「ソフトケースの状態で梱包して発送します。」という旨をあらかじめ伝えておきましょう。
また、破損の際に保障が効きませんので、高価なものや相手に了解いただけない場合はこの方法を採用しないでください!

ギターはソフトケースのままだと発送できない!

ソフトケースに入ったギター

まず最初に、ギターはソフトケースに入れたままの状態では発送することはできません!

ソフトケースは外側が柔らかいですからね。どんなに内側を補強しても、ちょっとぶつけただけでギター本体にそのまま衝撃が伝わってしまうので、運送中に傷がつく原因となってしまいます。

これはギターに限らずとも、ベースやウクレレといった他の楽器でも同じことがいえます。ソフトケースに入れたままの楽器は、どの運送業者にお願いしても受け取ってもらえません。

なので、必ず外側をしっかりと梱包してから発送をする必要があります。

しかしながら冒頭にも書きましたが、破損の際に保障が効きません。ですので「高価なギター」や「相手が了承していない」場合は、ソフトケースで発送することをオススメしません。

ハードケースはそのままでも発送できる。

しかし、ハードケース入りのギターであれば、梱包することなくそのまま発送することができます。

ただし、ハードケースでも貴重な物の場合は、はやりソフトケースと同じように梱包した方がいいと思います。

運送用のトラックは他の荷物で溢れかえっていますし、地面や壁にぶつかるとケースに擦り傷がついてしまいます。

楽器本体に傷がつくことはないものの、ケースも傷から守りたい場合は同じように梱包することをオススメします。

ハードケースの場合は外側からぐるっと包むだけでいいので、ソフトケースよりもはるかに簡単に梱包できると思いますから、ぜひやってみてください。

ギターをソフトケースに入れて梱包する方法!

ギターを梱包するのに必要な道具

では、これからソフトケースにギターを入れた状態で梱包する方法を紹介します。

まず、用意するのは以下の6点です。

  • ギター本体
  • ソフトケース
  • プチプチ(エアーパッッキン[※120cm×5mの大きさが理想!])
  • ガムテープ
  • ハサミ
  • ダンボール1〜2枚

ダンボールはギター専用の箱を取り寄せることもできますが、それだとソフトケースを一緒に発送できないので、僕はAmazonから届いた箱を使って主要な箇所を中心に梱包しました。

また、プチプチの大きさは「120cm×5m」の大きさ以上が理想的です。これより小さい3mのサイズと迷ったのですが、5mでちょうどぴったりの大きさでした。さらに7m、10mと、プチプチは巻けば巻くほど安定すると思います。

僕はジョイフル本田で600円で手に入れましたので、近くにホームセンターがある方は探してみてください。

プチプチはソフトケース入りのギターを発送するために欠かせないアイテムですので、必ず用意しておきましょう。

まずはギター本体を梱包する

まずはギター本体を梱包していきましょう。

一番大切にしたいのは、はやりネック部分です。

ギターのネック部分

ここは下の写真のように、プチプチで包み込むような形にして衝撃から防ぎます。

ギターのネック部分をプチプチで包む

また、弦は外さなくても緩めた状態にすれば大丈夫です。しっかり梱包しておけば衝撃で切れることなんてないですからね。

そしてボディー部分ですが、こちらはソフトケース本体内部にクッション材があったので、僕はプチプチを入れませんでした。もしクッションがないケースの場合は、ボディー(とくに地面に接地する部分)にもプチプチを敷いてあげるとより安全になるでしょう。

 

あとピックやチューナーといった備品類ですが、ぼくは下の画像のように紙で包む程度にして、ソフトケースの入れ物にそのまま入れておきました。こちらも尖ったものがあれば、プチプチで包んでおくといいでしょう。

ピックやチューナーの梱包

 

また練習教本なども、そのままケースに入れて大丈夫です。外側に収納が多いのはソフトケースの強みですね。

ギターのソフトケース収納部分

ソフトケース全体を梱包する

ボディー本体を梱包したら、今度はソフトケース全体をプチプチで包んでいきます。

まずは全体をぐるりと3周、プチプチで包みます。このとき使う長さは3〜4m程度です。

ギターのソフトケースをプチプチで包む

ちなみにですが、僕はこのとき一緒にギタースタンドも包んでしまいました。部品を分解して、うまく巻きつけることでギターの幅から飛び出ることなく包み込めるので、できる方はやってみてください。

ただ、出っ張りすぎるとプチプチを破いてしまうこともありますので気をつけてくださいね。

 

うまく全体をプチプチで包むと、このような状態になります。

ギターをプチプチで包んだ状態

このとき、ガムテープはどちらか片方に折り目をつけて羽のようにしてあげると、剥がしやすくなるのでオススメです。開封するときに開けやすくなります。

ガムテープを剥がしやすくする方法

 

そして包み終わったら、上部を下の画像のようにしてガムテープで止めます。下は後からプチプチを付け足すので、上はテープで止めるだけで大丈夫です。

ギターの上部を梱包する

 

そしたら次にソフトケースの底をプチプチで補強します。

ソフトギターケースの底部分の梱包

ここはおそらく一番衝撃が加わる部分ですので、分厚くプチプチを敷くくらいの気持ちでいきましょう。僕はプチプチを6層くらいに重ねて敷きました。これだけ巻いても全く問題ないです。

 

これでプチプチによる梱包は完了なのですが、念のため、ここからさらにダンボールでカバーしていきます。

まずは4つ折りになってるダンボールを、折り目を中心に全てを切り離していきます。すると、下の画像のように4枚のダンボールができます。

切り離したダンボール

ダンボールで補強しておきたいのは、上の四隅と、下の四隅です。ここが配送中に一番衝撃が加わりやすくて、かつギターが壊れやすい部分でもありますから、せめてこの上下に箇所は守っておきたいところです。

 

僕はそれにプラスして、下の画像のようにネック部分もダンボールで巻いて補強しました。こうすることで強度が増すのはもちろんのこと、配送の時に持ち運びやすくなります。

ギターのネック部分をダンボールで補強

プチプチだけだと、どうしても滑りますからね。ダンボールで硬い部分を作ってあげることで、配達の人たちが持ちやすくなりますし、それがギターを落とすことを防ぐ対策にもなりますからお勧めです。

 

全体的にダンボールで包んで、このような形になったら完成です。これでよほどのことがない限り、ちょっとやそっとの衝撃でギターが傷つく心配はなくなりました!

ソフトギターケースを発送できる形に梱包した状態

梱包したソフトケース入りギターを発送する方法!

最後に、梱包したソフトケース入りギターを発送していきます。

発送業者はヤマト運輸にお願いするのが無難だと思います。他の運送業者だと、ソフトケースというだけで受け付けてくれなかったりしますから、クロネコヤマトの営業所に持っていきましょう。

また、梱包したときの大きさは160サイズを越えると思いますので、発送は通常の宅配便ではなく「ヤマト便」という、時間指定のできない特別な配送をしてもらいます。

その際に通常の紙ではなく、「ヤマト便」と書かれた下の画像のような専用の紙に宛先を書くことになります。

ヤマト便の用紙

ちなみに、僕の場合は送料が2160円でした。これは地域によっても差があるので参考程度に見てくださいね。

 

僕はヤマトに持っていったところ、改めて上からテープデクルグルまきに補強してもらいました。

ソフトケースギターをヤマトに持っていった

あとは受付で送料を支払ったら、これで発送が完了になります。

まとめ!

最後に、購入者の方から今回の梱包についてこんな評価をいただきました。

購入者の意見

今回紹介した梱包方法で、しっかりと破損することなくお届けすることができたようです。とても安心しました。

正直なところ、ヤマトの営業所に持って行ったときに店員さんにとても不安そうな対応をされたので、「もっと厳重に梱包すべきだったのかな…」とちょっぴり不安だったのですが、この梱包方法で十分安全に届けることができることが確認できました。

それと、僕のギターを購入していただいた方がとても親切だったというのも大きいですね。少ない会話でしたが、相手にとても信頼があったからこそ、僕は今回このような梱包で無事に発送することができたと思っています。

破損の際の保証が効かないため、ソフトケース入りのギターを発送する際は相手とのコミュニケーションや信頼も大切になってくるかと思いますので、ぜひご参考にしてみてください。

それでは以上、ソフトケース入りのギターを梱包して発送する方法を紹介してきました!

お役に立てれば幸いです!