「You Found Me(あなたが私を見つけてくれた)」を観た感想。

「You Found Me(あなたが私を見つけてくれた)」を見た感想。【TED】
Thanks to our advertisers


チェロの音を単体で聴いたことなかったから、こんなに表現力豊かな音を奏でることにちょっとびっくりした。

いつも聴いているようで、実はよく知らない音がまだまだたくさんありそうだ。

 

音楽に言葉はいらないと思ってはいても、曲が好きになればなるほど、その人がどういう経緯でその曲を作曲したのか、僕はとても興味が沸いてしまうタイプなんだ(笑)。

とくに歌詞をよく見てしまうと、ついつい背景が気になって「彼・彼女の過去に一体なにがあったんだろう…」と想像したくなってしまう。

同じようなタイプの人は結構いるんじゃないかな。

 

「You find me under a pile of broken memories.」

いつも英語の曲は、歌詞を日本語に訳さないでありのままに聴くようにしているんだ。

たとえ意味がわからなくても感情がダイレクトに伝わってくるし、感情とセットで意味を調べた方がより言葉も覚えやすいんだ。

ちなみに日本語に訳すと、

「壊れた思い出に埋もれた私を、あなたが見つけてくれた。」

になるんだけど、英語を訳した日本語って実生活では使わないストレートな表現だから、なんだかカッコいいし歌詞に当てはめて使うとピッタリだから、僕は大好きなんだ(笑)。

 

今回の音楽の魅力は、彼女のチェロに刻まれたこの“打痕”が物語っているんじゃないかな。

「You Found Me(あなたが私を見つけてくれた)」を見た感想。【TED】

僕も誰かに聞かせる為に曲を作るのではなくて、自分が納得する歌詞と詩を歌ってみたい。

壊れた思い出に埋もれるような日があっても、たまには良いんじゃないだろうか。

Thanks to our advertisers