ボイトレのレッスン回数は週何回がいいの?歌を上達させるためには質が大切!

ボイストレーニングの回数と質について紹介します。
Thanks to our advertisers


「ボイストレーニング教室に通いたいけど、月何回くらいにしようかな?」

と悩まれている方も多いと思います。

ボイストレーニング教室では月に2回〜4回のレッスンが受けられるところがほとんどです。多いところだと、6回〜8回まで受けられるところもありますね。

またレッスンを受ける回数が多くなるほど、料金が安くなると言った傾向もあります。

「じゃあお得だし、たくさんレッスンを受けよう!」と思っても、レッスンの回数が多ければ歌が上手くなるとは限らないんですね。大切なのは回数より質です。

そこで今回は、ボイトレの適切なレッスン回数と質について紹介します。

Thanks to our advertisers

ボイトレのレッスン回数は月何回がオススメ?

スポーツでも毎日トレーニングを重ねた方が基礎的な技術が身につくように、歌もボイストレーニングを受ける回数が多いほど、基礎が身についていきます。

だけど、ただレッスン回数を多くすれば歌が上達していくかというと、そんなこともありません。闇雲にトレーニングを続けても、慣れていない体では喉や声帯を壊してしまいます。

基礎を身につける段階では、レッスン回数は多い方が忘れずに次のトレーニングに挑めるのでオススメです。

ただし、基礎が身についてある程度上手に歌えるようになったら、レッスンの回数よりも質を見直す必要があります。

ボイトレはレッスン回数より質が大切!

僕を担当してくれたボイトレ講師の方は、月2回のレッスンを3年間続けてから、講師になることができたと言っていました。

「月2回って少ないですよね?」と聞いたら、「大事なのはレッスンの回数じゃなくて質だよ」と教えてくださったんです。

ボイストレーニングは回数より質が大切です。

ボイトレで大切なのは質だと教えてもらいました。

僕は月4回レッスンを受けていたことがありましたが、学校終わりや仕事終わりの土日に通ってたので、モチベーションが毎日保てませんでした。そうすると、練習にムラが出るんですね。これでは歌が上達していかない!

ボイストレーニング教室に通ってレッスンを受ける方はおそらく、仕事終わりや学校終わりで疲れた土日に通われると思うでの、高いモチベーションで挑めるかというのも、歌を上達させる上で大切な要素だと思います。

歌は上手くいかないときほど、練習しないで他の視点から歌について考えてみることが大切です。食事や睡眠などの生活習慣から見直すことで、さらに歌が上達していきます。

なのでボイストレーニングを受けるときは、練習の質を維持できる回数かどうかを大切にして決めましょう。

レッスン回数は途中で変えられる

ボイストレーニング教室では、レッスン回数を途中で変更することができます。

ボイストレーニング教室ではレッスン回数を変更できます。

レッスン回数は変更できます。

僕は今まで月4回のレッスンを受けていましたが、それを月2回と回数を減らしたところ、1回のレッスンに対する意気込みが変わって月に4回のレッスンを受けていたときより、歌の上達を実感できました。

それと回数を減らしたのは基礎を身につけた後だったので、自分なりに考える時間ができたのも、大きな要素だったかなと思っています。

体を休めているときに生活習慣を見直して、歌が上達しやすい体を作ってレッスンに挑むことができました。

「これから歌を上達させるぞ!」とモチベーションが高いときは回数が多くてもいいかもしれませんが、練習を重ねていくうちに上手くいかず、悩むときがでてくると思います。

そんなときは思い切ってレッスンの回数を減らして、体を休めながら高いモチベーションで練習に挑めるように準備をしましょう。

歌は楽しいものです。レッスンも楽しくなければ上達していきませんからね。

レッスン回数と料金について

またボイストレーニング教室の特徴として、レッスン回数が多くなると料金が安くなる傾向があります。

ボイストレーニング教室ではレッスン回数が多くなるほど安くなります。

レッスン回数が多いと1回あたりの料金が安くなります。

だいたい月2回で1回あたりのレッスン料が5000円だとすると、月4回で1回のレッスン料が4500円になるといった形態をとるところがほとんどです。

回数を多くすれば1回のレッスン料は安くなりますが、モチベーションが低いと質も低いレッスンになるので注意が必要です。

お財布の中のお金と自分の気持ちと相談して決めましょう。

基礎を身に付けたらレッスン回数を減らしてもいい。

僕は最初の1年間は月に4回レッスンを受け、後半は月2回に減らすことで歌を上達させてきました。

どの期間が一番大変だったかというと、基礎を身につける1年間でした。

腹式呼吸もできない、大きな声も出せない、喉声になってしまうなど、とにかく直すところばかりで、一つが直ったらまた一つが崩れてしまって、とにかく基礎がめちゃくちゃ忙しかったです。

だけど「歌が上手くなりたい!」という高いモチベーションがあったので、月4回でも余裕でした。

でも基礎が身についてある程度歌えるようになると、今度は自分なりの歌い方を身につけなくちゃいけません。そんなとき、同じようなボイトレを受けていてもオリジナルは身につかないんですね。

そこからボイトレのレッスン回数を減らして、通わないぶんは1人でカラオケに行って練習してました。

なので、基礎を身につけるまではボイトレの回数を増やして、慣れてきたら減らすのがいいと思います。

もちろんお金と時間に余裕がある人は続けられるのが一番ですが、自分だけの歌い方はレッスンを受けてるだけでは身につかないのかな、と僕は思うので、減らすとしたら慣れてきた頃がいいと思います。

Thanks to our advertisers