「あなたの食生活がどのように腸の健康に影響するか」を観た感想。

「あなたの食生活がどのように腸の健康に影響するか」を観た感想。【TED】
Thanks to our advertisers


腸内細菌まで多様性が求められている時代なのかぁ…(;’∀’)w

 

つい先日、2年ぶりくらいにステーキを食べに行ったんだけれど、どうも僕の体に合わなくなってきていることに気が付いたんだ。もちろん美味しかったんだけれど、体がお肉を求めているとは思えなかった。

そしたらやっぱり、科学的にもお肉を食べ過ぎることは腸にとってあまりいいことではないことが分かってきているみたいだ。

これって頭で考えても分からないんだよね。なんとなく、体がそう感じるから言葉にできるけど、実際にお肉を目の前に出されたら多分、喜んで食べちゃうと思うんだ。だけど、体ではなにかがズレている感覚を覚えるのよね。

 

腸の研究はまだ初期段階でまだまだ始まったばかりのようだけれど、食物繊維の多い野菜や発酵食品である砂糖を多く含まないヨーグルトなどは体にいいことが証明されてきているようだね。

この話を聞いて、そういえば高校の頃はバイト帰りにレタスを丸々買って食べていたのを思い出したよ(笑)。あのときはたしかに体調がよかった気がする。お腹が減るぐらい体を動かしていた影響もあるのかもしれないけど。

僕は生野菜、めちゃくちゃ大好きなんだよなぁ。

 

「体にとってどんな食事が適切なのか?」というのは、科学で証明されたら頭で理解できるかも知れないけど、それまでは感覚として身につけていくしかないと思っているし、本来はそっちの方が大切だと思っているよ。

だって、僕だったらもし目の前にお肉とかお菓子とか出されたらバックバク食べ続けちゃう自信があるもん(笑)。犬とか猫などの動物は食べ物を出されたらあるだけ食べちゃうって話もあるけど、人間だってきっと目の前に出されたら抑えるのは難しいんと思うんだ。

だから、頭でどうこう考えて食事を選ばないことに僕はしている。何が欲しいかは体が一番よく知っているからね。

専門学生時代は先輩に誘われて脂っこいラーメンとか食べまくって気持ちが悪くなっていたけど、1人になって自分で食べ物を選ぶようになってからそういうことはなくなった。そういえば、ここ3年くらい風邪も引いてないな。

 

それにしても面白いよなぁ。こんな情報、5年くらい前だったら専門書籍からしか知ることができなかったはずなのに、今はインターネットに繋いで無料で見ることができている。僕はこうやってたくさん知識と経験を身につけてきたよ。

TedEd、まだまだ発足して短いけどきっとこれからも素晴らしい情報を僕たちに提供してくれるんじゃないかな。

本当に面白いなぁ。知れば知るほど知らないことばかりでもっと知りたくなる。

Thanks to our advertisers