リップロールのやり方とコツを音源付きで詳しく紹介!歌う前にやると効果的な発声練習!

リップロールのやり方とコツ



リップロールは唇をブルブル震わせるだけの簡単な発声練習なので、初心者の方でも簡単に始めることができます。

ただ、大事なのは力を抜いて楽に唇を震わせることですから、正しい形が身につけられるように、ここでは僕が実際にリップロールをやっている様子を写真と音源付きで紹介していきます。

リップロールはプロのアーティストでも歌う前にやられている方がいるくらい歌いやすくなる効果がある発声方法ですから、ぜひ身につけて歌に活かせるようにしておきましょう。

リップロールとは?

リップロールをやっている様子

リップロールとは?

リップロールとは簡単に説明すると、息を吐きながら唇をブルブルと振動させる発声方法です。

実際にやってみると、口からこんな音が鳴ります。

お聞きの通り、息と声を混ぜながら、唇をプルプルと震わせているのが分かるかと思います。

大きな声を出す必要がないので、自宅にいながらでも簡単に発声できるボイストレーニング方法の1つとして有名です。

リップロールをやることによる効果。

リップロールを正しくやると、主にこれらの効果を得ることができます。

  • 息を一定に保てるようになる
  • 裏声と地声の境目がなくなる
  • 息を鼻に通すイメージがつかめる
  • 自然と腹式呼吸になる
  • 少ない息の量で発声ができるようになる

これらは全て歌の基礎の部分なので、初心者の方は最初にうちにやると歌いやすくなるのはもちろん、ある程度歌が上手くなってからでも効果がある練習方法です。

特に2つ目の『裏声と地声の境目がなくなる』ですが、朝の寝起きのときなど喉の調子が良くないときがありますよね。

そんなときにリップロールをやると楽な力で発声することができるようになるので、自然と喉や体全体をリラックさせてくれる効果があるんです。

このことからも、プロのアーティストの方でも「今日は喉の調子が良くないな」といったときにやられる方も多いです。

なので、ライブやカラオケで歌う前にやるのがとても効果的ですね。

リップロールのやり方とコツ!

では、ここからは実際にリップロールのやり方とコツを、僕の顔と音源を交えながら説明していきます。

全体的なポイントはとにかく楽に発声することですので、力みすぎないよう注意してやってください。

1.唇を優しく閉じる

まずは唇を優しく閉じます。
このときのコツは、ギュッと強く閉じすぎないことです。

これからここに空気をあててプルプルと震わせていきますから、力がない方が楽にできます。

リップロールで唇を軽く閉じている様子

まず唇を軽く閉じます。

また、唇の横に力を入れて平にしたり、あひる口のように突き出しすぎてもいけません。
ただ唇を閉じるだけです。

また唇が乾燥していると空気の通りが悪くなるので、そんなときは唇をペロッと舐めて軽く湿らせておきましょう。

2.息だけで唇を震わせる

次に、閉じた唇の隙間から空気を吐いていきます。
このときはまだ声をつける必要はありません。

まずは息だけで、唇をプルプルと震わせてみください。
先ほどから”楽に”と言ってきましたが、もし上手く震わせられない場合は多少息を強くしてしまっても構いません。

リップロールで息を吐いている様子

閉じた唇に息を通して、唇を震わせます。

まずはプルプルと唇が震えていく感覚を掴んでください。
感覚を掴んだら、今度はできるだけ少ない息で震わせていきましょう。

楽に唇を震わせることができると、こんな音がなります。

 

逆に力が入りすぎているとこんな音になってしまいます。

 

「うまく震わせることができない!」という方は、先ほども説明しましたが、唇の横に力入れていないかやアヒルぐちのように突き出しすぎていないかをもう一度確認してください。

それでもできない場合は、唇の上下の位置を調節したりして、どこかで唇が『プルプルッ』っと震える場所を見つけましょう。

その感覚を掴んだら、今度はパッとすぐに唇を震わすことができるようになるまで練習してください。

そして、一定の量で唇をプルプル震わせられるようになったら、ここまでは完璧です!

3.『ブゥ〜』と声を混ぜながら息を吐いて唇を震わせる

そして最後に、『ブゥ〜』吐いた息に声帯の振動を加えていきます。

このときのコツは、息を吐くときと同様に声を出しすぎないイメージで発声することです。
声を混ぜながらと書きましたが、僕のイメージだと鼻歌くらいの声量しか必要ありません。
なのでほぼ、声を出していないような状態に近いですね。

リップロールは鼻に息を通すのがコツです。

また唾が飛んでしまうような場合は力が入りすぎている証拠なので、息や声の量を調節してみましょう。

声と息を優しく出せると、このくらいの小さな音量でリップロールができるようになります。

これが正しいリップロールのやり方になります。

リップロールを使ったボイストレーニングの練習音源ファイル。

リップロールは体をリラックスさせるほかにも、音程をとりながら発声することで音域を広げるボイストレーニングに活用することができます。

音階に合わせてリップロールをすることで、声に出しながら音程を取るよりも簡単にミックスボイスが出せるようになります。

今回は誰でも練習ができるように、リップロールのボイトレの音源を用意しました。

リップロールを使ったボイストレーニングの練習音源ファイルです。

練習音源はここからダウンロードできます。

再生ボタンを押すと右側にダウンロードボタンが出てくるので、そこからパソコンやスマホに入れてカラオケなどでお使いください。

練習する時のコツは、とにかく『ドレミファソラシド』をリップロールで正確に発音することです。

音階が徐々に上がっていくものと徐々に下がっていくものの2パターンを用意しました。

リップロールで徐々に音階を上げていくボイトレの音源
リップロールで徐々に音階を下げていくボイトレの音源

また音源を使わずに曲に合わせてリップロールしていくやり方もあります。

例えばサザエさんの『お魚くわえたどら猫〜♪』を、全てリップロールで『ぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶ〜♪』と、音程だけを取りながら発声していく方法です。

これならカラオケに行かなくても自宅で簡単にできますから、試してくてください。

以上、リップロールのやり方とコツと、練習方法を音源付きで紹介していきました!