「単純なアイデアが科学的発見に繋がるとき」を観た感想。【TED】

「単純なアイデアが科学的発見に繋がるとき」を見た感想。【TED】



僕は小学生の頃、わざわざ科学の実験をするのなんて無駄だと思っていたんですよ(笑)。

いつも外で遊んでいたので、「科学の実験なんてやらなくても、やれば感覚で分かることじゃん!」と思っていました。

たとえば、「坂の上にボールを置いたら、下に向かって転がっていくよ!それを数値化して!」とかとか、そんなのは実験しなくても分かるのでやる意味を見出せずに、科学の分野はずっと関心を持たずに義務教育を終えました。

 

しかしながら、大人になるにつれてよく分かります、実験することの大切さが。

こうやって僕がブログを書いているパソコンなんてのは、いわば人類の知能の集合体ともいえる、科学が生み出した賜物ですからね。

偉大な先人たちの天才的なアイディアとひらめきがあったからこそ、いま僕はこうして自宅にいながらどこにいるか分からないあなたに文章を届けることができるのですから。

実際に行動して、失敗しながらも前に進むからこそ、偉大な発明が生まれる。

これはどの時代も変わりませんね。

体を使って科学を証明させてきた先人たち。

機械なんてなかった昔の科学者たちは、体から得られる情報だけで科学として証明しようとしていたようですね。それは文字通り、耳や目など人間の感覚のみで得られた情報を脳で処理する超アナログな形です。

下の画像は、1860年代の『光の速度を測っている様子』だそう。これなら頭のよくなかった小学生の僕でも思いついたでしょうなぁ(笑)。

光の速さを測る様子

原始的に光の速度を測っている様子

そうですよね、最初はこんなもんですよね。

この結果から「光は音よりも10倍くらい早いのではないか?」という実験結果を得たようですが、実際のところは88万倍も早いことが今では明らかになっています。

つまり、いわゆる天才的な発見をした人の思考の跡を辿ってみると、どうやら彼らも僕たちのような凡人的なアイデアが動機となっているというのが分かってきているようなのです。

単なる「好奇心の違い」にすぎない。

では僕らのように凡人だった彼らを天才にしたのは、いったいなぜなのか。

今回のTEDの登壇者によると、それは「好奇心の違い」にあるのだと述べていましたが、これはどの分野にも共通していることですよね。

たとえば、僕はこうしてTEDの動画を1日に5〜6本くらい見るのが平気というか、めちゃんこ大好きなんですが、他の人からすると「そんなに見ていられないよ!」という人がほとんどでしょう。

だからといって、もちろん僕はその人たちより特別だなんて思っていません(笑)。

むしろ変人だと思われたほうが気持ちとしては楽ですね。

「あんたは変人だよ!」と言われても、なぜだか納得できてしまう自分がいます。

 

そんな感じで、科学で歴史的な発見をした天才たちも、実は僕たちと根本は一緒だったけれど、ただ科学においては好奇心が人よりも強かっただけだったというのが、どうやら分かってきているようなんですね。

なにごともそうですが、やっぱり自分の興味・関心がないものってどんなにお金が貰えたとしても、名誉が貰えるとしても、絶対に続かないんですよ。結果は出せても自分を苦しめるだけです。

僕が科学には興味がなかったけれどパソコンに好奇心旺盛であったように、天才的な科学者たちもなにかに興味はなくても、科学にはめちゃんこ好奇心があっただけなのです。

アインシュタインやエジソンなんかの天才たちも「自分は天才じゃない」「俺は99%の失敗を…」みたいな言葉を残しているくらいですから、つまり側から見れば天才に見えても、実際はただ好奇心の方向が違うだけだったとも結論づけられるのかもしれません。

そう考えると、自分の興味があるものに好奇心を持って突き進んでいいんだなというか、むしろそうするべきなんだなというのが鮮明に分かってきました。

科学は開かれたフィールドである。

彼は最後に「科学者は開かれたフィールドです。」と述べていますが、現代は1つの理論を証明するために何億ドルと費やす時代ですからね。ちょっとした好奇心だけではなかなか参戦しづらい分野なのではないでしょうか。

でもでも科学に限らず、世界を変えているのは好奇心を持っている人たちであることには変わりはありませんから、「あなたが世界を変えられるんだ!」という彼のメッセージは、ぼくら凡人にも勇気を与えてくれます。

なにも凄いことをやる必要なんてなくて、ただ好奇心のあるものを追い求めていればいいんですよ。

どんなに小さいことであろうと、そこから世界は少しづつ変わっていくのですからね。

なんでもいい、やりたいことをやって生きよう!

 

ということで、今回のTEDトークをどうぞ!

あと科学分野のトークの時にたまに出てくるTEDのアニメーションが、本当に素晴らしくて大好きなんですよね…僕のようなクリエイターは心を揺さぶられてしまいます。

天才的な発見をしてきた人たちの、凡人的なひらめきをどうぞ。