「ブロックチェーンが経済にもたらす劇的な変化とは」を観た感想。【TED】

「ブロックチェーンが経済にもたらす劇的な変化とは」を観た感想。【TED】



ブロックチェーンがなにかと聞かれたら、僕はその仕組みを上手く説明することが出来ない…(笑)。

あなたが見ているこの画面はスマホだろうか、それともパソコンだろうか。どちらにしても、あなたは僕のWebサイトに辿り着くまでの道のりを知っているだけでなく、そのアプリなりブラウザの使い方を知っているはずだよね。

しかし、それがどのような仕組みで動いているかと聞かれたらちょっと困るのではないだろうか。「こういう電子回路があって、それこれという働きをすることで…」みたいな説明は、スマホが普及して10年が経った今でもおそらくごく一部の人にしか出来ないだろう。

でもでも、あなたがスマホやパソコンを使う理由であれば簡単に説明ができるよね。ブロックチェーンも同じように、仕組みまで理解することは難しいかもしれないけど、目的を知っていればそう難しくはないんだ。

目的を知らないと—いや、目的を履き違えてしまと難しくなるんだよね。

それはまるで、目的もなしにスマホを手に取りSNSを更新し続けるようなものだ。これがどれほど無駄なだけでなく、無意識に陥る危険な行為か、あなたもよくご存知だろう。

だけど、しっかり目的を知っておけば大丈夫なんだ。

 

じゃあブロックチェーンの目的とはなんなのかといったら、それはやっぱり“信用”や“信頼”なんだよね。

まだまだ初期段階であるブロックチェーンには大きな課題があって、これからも挑戦と失敗が繰り返されるだろうけれども、目的は“人間関係の信頼を手助けするためのものだ”ということを忘れなければ、どんな経路を辿ろうとも僕たちの生活を大きく支えてくれる素晴らしいツールになると思っている。

僕はその可能性を信じたい。

人間らしさが生んだ新テクノロジー。

僕は今からもし「お金を貸して欲しい!」と頼まれたら無条件かつ無利子で貸せる友人が3人ほどいるんだ。それはなぜかといえば、彼らと長い付き合いをして、彼らを信用できると判断できるまでによい人間関係を築いたからだ。

でも、それが見知らぬ人となるやっぱり難しいね。隣の国の知らない人となるともっと難しいかもしれない。だけれども、もしお金を貸した事が証明されて、かつそれが守られるのであればハードルはかなり下がるかもしれない。

「ブロックチェーンが経済にもたらす劇的な変化とは」を観た感想。【TED】

ブロックチェーンの魅力は“非中央集権型”という点であって、つまり管理する人が誰もいない—というか、みんなが管理者になるといった仕組みなんだけど、正直なところ細かい仕組みは僕もよく分からない(笑)。開発者は日本人らしいけど、名前が一人歩きしているだけで実際のところは誰も分からないみたいだしね。

だけど、なんだかとっても人間らしいテクノロジーの使い方だと僕は思うんだよね。昔はデジタルの世界といえばデータをコピーし放題であって、それが権利に縛られた状態を解き放つ優れたところであったのだけれど、利用者が増えたことで逆に人間関係に信頼を築くためとなるとそれがデメリットになってしまっていたところ、ブロックチェーンがそれを解決してくれるかもしれない…ッ!!といったところだろうか。

もし普及したら、AmazonのKindle本とかも貸し借りできるようになるのかな?あれって紙の本なら貸し借りできるのに、電子書籍だけ出来ないっておかしいもんね!

僕もまだまだ知識が足りないけど、なにやらすごい可能性を秘めた次世代のテクノロジーだと思っているから、しっかりアンテナを立てて置きたいと思う。

仮想通貨ってどうなるんだろう。

ブロックチェーンの代表格っておそらく仮想通貨なんだろうけど、あれって2017年から2018年の頭に掛けて全世界で爆発的に流行ったけれども、今では“ビットコイン”という名前すら耳にしなくなってしまったよね。

それもこれも、きっと詐欺が横行した影響があるんだろうね…。信頼を築くためのツールが、詐欺に使われて信用を失ってしまうという訳のわからない結果になってしまった(笑)。もちろん初期段階だから仕方ない部分もあるかもだけど、僕でも眉に唾をつけて手を出さなかったくらいだから、なにも知らない人からしたら顔中に唾をベットリと付けて始めようとすら思わなかったかもしれないね(笑)。

 

なんかさ、宝くじってあるじゃん。

あれってほとんどの人が「お金を稼いでやるんだ!」って目的でやってると思うんだけど、仮想通貨やブロックチェーンがそういう目的に使われてしまったら、ちょっと残念だよね。たぶん、空くじの売上金がどこに寄付されてどう使われているのかまで興味を持っている人って、全体の1%もいないだろうからね。

仮想通貨は国を超え国境を越えて人々が取り引きできるようになる可能性を秘めたものであり、みんながそういう目的を持って使っていたら問題ないんだろうけどやっぱなかなかそこまで行かないよね。FXで数値が上がり下がりするみたいに、宝くじでお金稼ぎを目的にしているみたいに、目先の利益だけを追いかけていてはやっぱりダメで、そういう人たちが増える場所になると必然的に信頼は失われていくよね。もちろん悪いことではなく、そういう人たちの影響で少しづつテクノロジーが発達していくのかもしれないから、なんともえないところだけどね。

うーん仮想通貨はおそらく一部の人が大量に保持しているだろうから、僕は彼らがどんな目的を持っているのかを知ることができない限りは手を出せないかな…。宝くじのように一か八かの勝負では参戦しないつもりだけど、タイミングがあったら始めてみたいね。可能性はものすごいあるのだから。

リアルでの信頼関係を築くのが最優先!

うん、やっぱり僕の目的はこれに尽きるかな(笑)。どれだけテクノロジーが発達しても、それらは手助けしてくれるに過ぎないから、結局は人間が直接に信頼関係を築くことが一番大切であってその上にブロックチェーンがあって始めて効果を発揮するんじゃないかな。テクノロジーに頼りっぱなしじゃダメですわいな。

それにしても、あれだけ勢いのあったブロックチェーンって言葉をほんと最近は耳にしなくなったな…。僕のアンテナが貧弱なのかも知れないけど、なんか老子の「勢いが盛んになれば衰えに向かうのであり、これを道にかなっていないというのだ。」という言葉を思い出すよ。

そもそも直接の人間関係で信頼を築けていればブロックチェーンなんて必要ないわけで、昔の日本では手書きのメモが契約書代わりになっていた、みたいな話もあるから、僕たちの国民性であれば信頼をテクノロジーに頼り過ぎない方がいいのかも知れないね。

リアルの人間関係を大切にしていればブロックチェーンなんて必要ない…ではなくて、もっとよりよい方法で世界に広めていけるはずだから僕はこっちを大切にしたいと思う!