【無料で簡単!】「フクサポ」を使って古着を捨てずに寄付する方法

服サポを使って着なくなった古着を捨てずに寄付しました
Thanks to our advertisers


こないだ実家を掃除していたら、昔の服が大量に出てきたんです。

一番古いのだと小学校の頃に着ていた、胸に「アディダス!!!」とでっかく書かれた服や、最近だと高校時代の体操服など、とにかく懐かしい服がいっぱい出てきました。

もう着る機会もないから捨ててもいいんだけど、まだ着れるからもったいないくて捨てずに取っておいたんですよね。

でも家に置いててもしょうがないし…どうせなら寄付して使ってもらいたいなぁ、と思って調べたらありました、無料で簡単に寄付できる方法が!

今回、僕が古着を寄付するときに使ったフクサポの紹介です。

Thanks to our advertisers

フクサポって何?

服サポの公式サイトです。

フクサポの公式サイト

古着のリユース・リサイクル業を運営する株式会社Kurokawaが、皆様から不要な衣料を送って頂き、衣類のリユース・リサイクルとNPO法人テラ・ルネッサンスの支援をするプロジェクトです。
ご家庭で眠っている衣料・クツ・カバン・服飾雑貨をフクサポへ送ることで、その衣料はあなたからの寄付金となり、テラ・ルネッサンスの支援活動に役立てられます。またその衣料を貴重な資源ととらえ、国や地域を越えて有効利用させて頂く活動となっております。

衣類だけじゃなくてクツやカバンや服飾雑貨まで送れるみたい。

フクサポにダンボールを一箱分送ると、これらの資金源になるそうです。

カンボジア

1㎥の土地の地雷の撤去
ラオス
1㎥の土地の不発弾撤去
ウガンダ
元子ども兵社会復帰支援センターでの給食2食分

普通なら捨ててしまうような服や靴などが義援金になります。

発展途上国とかの酷い生活事情って、普通に日本で生活してたら触れられないし何もしてあげられることはないけど、捨てずに送ることによって間接的にだけど貢献できるのは嬉しいですね。

今現在はこれだけの服と義援金が集まっていて、活動実績もある会社です。

2016年6月14日現在
寄付金総額 1,949,700円
8,322の個人・団体にご寄付いただき
586,831着の古着が集まりました。

僕がフクサポを選んだ3つの理由。

他にも服を寄付できる会社はたくさんありますが、僕がフクサポを選んだのには3つの理由があります。

服を捨てずに寄付できる

僕、古着をなかなか捨てられない人なんです。まだ使えると思うと持っておきたくなって、タンスの奥に溜まっていっちゃうタイプです。

でもどうせ着ないので、「誰か有効的に使ってくれないかなぁ」と心の奥では思ってました。

そんな思いを叶えてくれるのが「寄付」でした。

捨てるのではなく、誰かのために有効的に使ってもらえるのが嬉しくて服を寄付することにしました。

おかげで部屋が綺麗になって収納スペースが広がったので一石二鳥です!やったね!

古着は売ってもほとんどお金にならない

捨てずに古着を処分する方法で、一番メジャーなので「店舗に売る」という方法があるけれど、古着って売っても大してお金にはならないんですよね。

前にブックオフで古着を売ったとき、8割が売れない商品として手元に戻ってきて、買い取られたのは新品か新品同様の服だけでした。で、買取価格も数百円程度にしかならなかったです。

フリマやオークションで売ればもう少し高く値段がつくかもしれないけど、手間を考えても非効率的だし、そこまでしてお金に換金したくはなかったんです。

なので売ることはしませんでした。

送料無料で手間がかからない

いくら「服を寄付して国際貢献ができる!」といっても、指定場所まで届けに行かないといけないとかして手間がかかると、結局売るのと変わらない手間暇がかかるので、それはしたくありませんでした。

でもフクサポなら自宅まで古着をまとめたダンボールを取りに来てくれて、しかも送料無料。この手軽さがなにより魅力でした。

実際に使ってみて、大変なのは服の整理をするところだけでしたね。自宅まで取りに来た宅配のおっちゃんに「おねがいしまっす!」って渡したら終わっちゃいました。

フクサポの使い方。

1.寄付する服をまとめる

まずは古着を中心に寄付する服などをまとめます。

今回僕がフクサポに送った服の量はこのくらいです。

フクサポに送った服の量です。
  • よくわからない英語が書かれた長袖Tシャツ3枚
  • 半袖のTシャツ10枚以上
  • 短パン4つ
  • ジーパン2つ
  • 間違えて買った子供用のステテコ1枚
  • 高校の体操服
  • その他Tシャツ数枚

写真にはないけど、探して後から出て来たのが結構あります。

合計25枚ほどでした。

2.120cmから160cmの大きさのダンボールを用意する

フクサポは送料無料だけど、ダンボールは自分で用意する必要があります。

大きさは「縦×横×高さ=160cm以下」のものなら送料無料で送れます。それ以上でも別途送料を払えば送れます。

Amazonのダンボールとか最適だと思います。僕は近くのスーパーに置いてあったダンボールをもらってきました。

フクサポに送ったダンボールの大きさです。

この大きさで100cmほど。大きさ比較でノートを上に置いてみました。

また、ダンボールの数はサイズ内であればいくらでもいいそうです。

3.服を詰めていく

古着を用意したらダンボールに詰めていきます。

僕は25枚ほどで、合計100cmのダンボールになんとかりました。服なので押し込めば30枚はいけそうです。

このくらいあった服が。

フクサポに送った服の量です。

こんな感じに収まります。

ダンボールに古着を詰めました。

4.フクサポのサイトから申し込みの手続きをする

荷物の準備ができたら、フクサポの申し込みページから寄付の手続きをします。

名前・住所・電話番号・集荷希望日など、荷物を取りに来られる際の必要事項を入れて、この画面が出れば申し込み完了です。

フクサポに申し込みが完了したらこの画面が出て来ます。

5.荷物を渡して完了

申し込みのときに入力した「集荷希望日」の時間帯に荷物を受け取りに来られるので、渡したら完了です!

フクサポで服を寄付した感想。

僕が服を捨てられなかった理由は、金銭的なもったいなさよりも思い出を大事にしておきたいってのがありました。

いざ「古着を処分しよう!」と思っても、掘り起こして手元に現れると懐かしくなって「まだとっておこうかな…」ってなって、なかなか処分できなかったんです。

でも今回こうして「フクサポ」に服を寄付したことによって、貧しい人たちに貢献できた満足感と、自分の過去を捨てられた満足感の二つを味わうことができました。

貧しい人たちの未来に貢献したのだから、自分も未来を生きていかなくちゃいけないなぁと。

寄付したことで自分の心の整理にもなりました。

服を寄付しました。
宮川 輝
ありがとう。

フクサポの公式サイトはこちら

後日メールが届きました。

服を寄付してから2ヶ月ほど経って、寄付してくれた人宛てにメールが届きました。

このメールは2016年7月度にフクサポにご参加頂いた皆様に
7月度の寄付報告のメールをさせて頂いております。

早速ではございますが、下記が7月度の寄付報告になります。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
7月度参加者数    775人
7月度寄贈箱数   1,284箱 
集まった古着重量 12772.2kg
7月度 寄付金額 133,500円
寄付金額累計  2206,850円
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 

集まりました古着はリユース・リサイクルをさせて頂き
寄付金は皆様からの寄付金としてテラ・ルネッサンスへ寄付いたします。

古着がしっかりと寄付できたことを知らせてくれるメールでした。

寄付したものが目に見える形で教えてくれるのはとても嬉しいですね。

送った甲斐がありました。

Thanks to our advertisers