スピーカースタンド「ISO Acoustics」を使ってみた3つの感想…文句なしッ!

ISO ACOUSTICSを使った感想
Thanks to our advertisers


デスクに直置きしていたスピーカーを耳の高さまで持ち上げるべく、そこそこの値段で評判も良かった「ISO Acousitics」を購入しました。

こちらは1セット約1万円で買えるプラスティック製をメインとしたモデルで、もう少しお金を出すと2万円でアルミ製の商品を購入することもできたのですが…。

正直なところ、室内で小さな音で聴くことをメインにしている僕にとっては「おぉ…これが高級スタンドで再生するスピーカーの音質か…さすがだぜ!!」みたいには感じられないと思ったので、こちらのモデルにしてよかったと思っています(笑)。

ということで、今回は使って見た感想を3つほどレビューとしてこちらに残しておきたいと思います。

スピーカーの音質を向上させるにみなさんスタンドの素材や形など色々とこだわる方もいるようですが、素人の僕からすると高さを合わせることでこんなにも音質がよくなるんだなーと、感動すら覚えました。

大満足。

Thanks to our advertisers

スピーカースタンド「ISO ACOUSTICS」の3つの感想。

まずは簡単にこちらの商品のご紹介。

上板と下板に分かれており、間に鉄の棒で支える形のスピーカースタンドとなっています。そしてテーブル・鉄の棒・スピーカーとの間はゴム製になっており、しっかりスピーカーの振動を計算された設計になっているようです。

ISO ACOUSTICS

スピーカーの大きさに合わせて「ISO-L8R130」「ISO-L8R155」「ISO-L8R200」と3つのモデルが用意されていて、僕は一番小さな130サイズを購入しています。

ちなみに使っているのはブックシェルフスピーカー「DALI SPECTOR1」です。スピーカーとしてはおそらくかなり小さい方なので130サイズでピッタリでしたが、一般的な大きさのものであれば150サイズがピッタリになるはずです。

購入する際は間違えないよう公式サイトより大きさをよくご確認ください!こちらに載せておきますよん。

ISO Acoustics スピーカースタンド ISO-L8Rシリーズ

ではでは、感想を3つほどご紹介します。

1.なによりコンパクト。

まずは僕が購入した一番大きな理由はこれで、めちゃくちゃコンパクトなんですよ。見てくださいこのスッポリ感を(笑)。見事に溶け込んでくれています。

スピーカースタンド「ISO ACOUSICS」のレビュー

下の土台がX型をしているのも特徴で、余白があるぶん狭い机であってもスタンドの威圧感が感じられません。高くしても奥が見えるのも、このスタンドの特徴ですね。

僕はワリと大きめな150cm×75cmのテーブルを使っていますがそれでも小さいと感じることがあるので、あまり場所というか視界を邪魔しないこのスタンドにとっても満足しています。

2.高さと角度の調節が可能。

そしてそして、2つ目が高さ調節が可能なところです。最初の写真のように2つの主に高さで調節できるのですが、それともう1つ角度の微妙な調節ができるのも大きなメリットですね。

写真ではちょっと分かりにくいかもしれませんが、お尻をクイっと上げることによって耳の位置にスピーカーがくるよう微調節しているんです。これだけでスピーカーの音質が3割増したような感覚すら覚えます。

スピーカースタンド「ISO ACOUSICS」の高さ調節

スピーカーってのは本当に高さが重要なのに、人気なスタンドでも高さ調節が出来ないものがあるんですよね。

僕の感覚ですが、高級で高さ調節ができないスピーカースタンドを購入するくらいなら、ソコソコの値段で高さ調節ができるスピーカースタンドの方がはるかにスピーカーの音質を高めることができるのではないかと感じています。

これまで机にインシュレーター付きで直置きしていときに比べると、まるで違うスピーカーなんじゃないかって思うくらいに音の抜けがよく感じるようになりました。

3.全体としてのバランスがいい

そして最後にめっちゃ重要で、パソコンモニターの横に置いてるスピーカーっていつも視界に入ってくるじゃないですか。なのでデザインの全体性が取れていることは実はとっても大切な要素だったりします。

機材を黒で統一しているというのもありますが、どうでしょう。とってもバランスがいいんですよね。派手に目立たないけれど大切な役割をしっかり果たしてくれている。

宮川 輝のスピーカー

このバランスがとれたスタンドのデザインはきっとどんなスピーカーを置いてもしっくりくることでしょう。

まさに“縁の下の力持ち”って言葉がしっくるくる、パソコン横に奥には最適なスピーカースタンドかもしれません。

まとめ

「ISO ACOUSTICS」は入門〜中級としては最強モデルだと思います。

残念ながら安いスピーカースタンドって、高さ調節ができないし見た目もダサくて場所をとるものが多いんですよね(笑)。まぁ価格的なものがあるので仕方ないのかもしれませんが。

こちらは約1万円と、デスク用のスピーカースタンドにしては中くらいの値段だと思いますが、これから10年くらい買い換えずに使い続けることを考えると、効果も機能面も充実しているので文句なしですね。

もっと高いスピーカーを置いたらどんな音質になるんだろう…(笑)。スタンドはそのままもスピーカーは新しくするかもです(;’∀’)w。

Thanks to our advertisers