熱すぎる!ジャスティンビーバーの『Sorry』を踊ったダンサーたちの熱いダンスが観れる動画3選

ジャスティンビーバーのsorryのサムネイル画像



この曲を知ったのは2016年の『YouTube Rewind』の動画からでして、「なんかジャスティンビーバーっぽい曲が流れてるなー」と思い調べたところ、ダンサーたちの熱いダンスに魅了されてすっかりこの曲が大好きになりました。(赤と緑が可愛い。

そこからダンサーたちのことを調べていくうちに、YouTube上でいろんなダンス動画を見ることができまして、気がついたら、このダンサーたちについて詳しくなっていました。こうやってファンになっていくんですね…楽しすぎる!!

そして、「このダンサーたちの踊りをもっと多くの人に見て欲しい…!!」という典型的なファンの思考に陥りましたので、彼女たちの情報とともに、めちゃめちゃ熱いダンスを3つほど紹介していきたいと思います。

最近元気でないなと落ち込んでいる人でも、彼女たちのダンスを見れば元気をもらえるはずです。

Sorryのダイスを踊っているのは『The Royal Family』の中の『Request Dance Crew』というグループ。

Justin Bieber(ジャスティンビーバー)の『Sorry』を踊っているのは、『The Royal Family』のグループの中の女の子たちだけを集めた集団、『Request Dance Crew』というグループです。

Request Dance Crew

出典:https://www.youtube.com/user/ReQuestDanceCrew

このグループが設立された2007年の当初は、メンバーはたった5人だったそうです。

中でも『Sorry』を踊っている黒色の人は、ダンサー界ではかなり有名なParris Goebelさんという振り付け師の人で、ジャスティンビーバーの他にもジャネットジャクソン、ビヨンセといった超有名アーティストのダンスを手がけているそうです。

もちろん、この『Sorry』も彼女が振り付けを担当していて、レゲエからの影響をかなり受けたダンスとなっています。

そしてこのグループの特徴はなんといっても、熱いヒップポップですね!

ダンスを全く知らなかった僕ですが、見ているだけで血が沸き立ってきて、そのパフォーマンスを目の前に一瞬でファンにさせられてしまいました。

この『The Royal Family』が踊っている映像はYouTubeにたくさん載っています。普通に観ているだけでも楽しめるのはもちろんですが、ヘッドホンをつけて見ると迫力がヤバイです。彼女の世界観に一気に引き込まれます。

 

有名なクラブミュージックの曲である『Bunx Up』を踊っているときの動画は、重低音とリズムとダンスがマッチしているので興奮せずにはみていられないでしょう。後で紹介する動画でもこの曲のダンスが出てきます。

ちなみに、この動画では踊った後にParris Goebelさんがちょっと恥ずかしがるような素の姿が見れます(笑)。

あれだけ激しい踊りをする人なので、「俺たちと同じ人間なのか!?」と一瞬疑っていましたが、やはり可愛らしい一面を持っていてちょっとほっこりしました。またハマっちゃいますね。

ノリノリのミュージックに彼女たちの激しいダンスが合わさると、見ているこちらまで踊りだしたくなるような気持ちにさせられます。

どんな曲でも彼女たちが踊れば、躍動感溢れる新しい音楽として僕たちを楽しませてくれるでしょう。

『The Royal Family』『Request Dance Crew』の熱いダンスが見れるオススメ動画3つ。

『The Royal Family』、そしてその中の『Request Dance Crew』たちの動画を軽く50以上見てきた僕が、「彼女たちを知らない人でも、この動画を見れば魅力が分かる」という厳選したオススメの動画を3つ紹介します。

まず1つ目がこの動画です。英語以上になにを言ってるのか分かりませんが、リズムと踊りだけでも十分に見ていられます。

途中で映るピンクの衣装を着た子たちは、おそらくこのダンサーグループのヤングたちでしょう。小学生が中学生くらいの年齢に見えます。

しかし、ダンス中の表情の険しさからは「子供扱いさせないぞ!」と言わんばかりのパワーが伝わってきます。子供とは思えないような迫力のあるダンスです。

 

2つ目がこちらの動画。ビヨンセの『7/11』の曲を、彼女たちがアレンジして踊っています。

ビヨンセ自身はミュージックビデオの中でもダンスを踊っているのですが、彼女たちはそれをさらに倍にしたような激しいダンスでこの曲をカバーしてます。

始まる前に普通に会話をして、曲が始まった途端に踊り始める。このギャップがたまりません。

そして終わった後に、彼女たちが床の上で大の字になって「疲れた〜」と言っているような姿を見ると、このダンスで相当な体力を使っていることがよく分かります。

 

最後の3つ目の動画がこちら。『world of Dance Los Angeles 2015』という世界的なダンスの大会で、『The Royal Family』として出演し踊っている姿を正面から撮影した動画です。

再生数はもうすぐ1億回を超える勢いで、『The Royal Family』としてはYouTubeの中で一番多く再生されている動画です。

これまで紹介した2つの動画のダンスもこのライブで少しだけ踊っています。

また『The Royal Family』の男性たちもここでダンスを披露しているのですが、男らしい踊り方ではなくて、少し「オネェっぽい」踊り方もするシーンもあり、なかなか感性を磨かされます。しかしながら、男らしいダンサー集団も登場しています。

男女が合わさった『The Royal Family』として、完成されたダンスのライブ映像が観れるのはこの映像だけです。この動画は本当にヘッドホン推奨です!!

まとめ。

彼女たちは日本とは違った文化から生まれているダンスなので、僕のような純日本人からしてみると、とても刺激的で価値観を大きく揺さぶられます。また僕は外国や異文化が好きというのもあり、こうした「異質な人たち(いい意味)」で魅了されてしまうのかもしれません。

『The Royal Family』ではありませんでしたが、『Request Dance Crew』にはYouTubeチャンネルがありましたのでこちらにリンクを貼っておきます。

ここ2年ほど更新をしておりませんが、めちゃくちゃ熱いダンスがいっぱい見れますのでオススメです。

Request Dance CrewのYouTubeチャンネルへ

彼女たちのような情熱をもって僕も生きてゆきます…!!