MacBookの裏のネジが外れので、GeniusBar(AppleStore)で締め直してもらってきた!

MacBookシリーズの裏のネジ



僕のMacBookProは2013年Lateモデルで、そろそろ使い始めてから3年が経つのですが、裏にある小さなネジが緩んで、ポロポロと外れてしまいました。

このままでも使えないことはないのですが、なんせMacBookは開いたまま片手で持つことも多いので、結構負担がかかるんですよね。もしこのまま使い続けることによって、他のネジまで壊れてしまっては困るなと。

ということで、AppleStoreのGeniusBarに行って外れたネジを締め直してもらうことにしました!

今回はその様子をまるっとレポートしていきますので、僕と同じような症状に陥った人はぜひ参考にしてみてくださいな。

MacBookProの裏のネジが外れてしまった!

僕が使ってるMacBookProの裏に取り付けられていたネジのうち、2箇所のネジが外れてしまっていました。

まずはこちらの画面側の1つ目のネジです。

MacBookProの裏のネジが外れてしまった

ぽっかりと穴が空いてしまっていますね。

そしてもう一つがマジックパット側の裏にあるネジです。よく負荷がかかるからでしょうか、隣のネジも若干緩んできていました。

MacBookProの裏のネジが外れてしまった

ネジが外れたこのままの状態でも、机の上など平らな場所で使うぶんには支障がないのですが、布団の上やマットの上など、柔らかい土台の上で作業をするときになるとカパカパと音がしていたんですよね。で、このまま使うと他のネジ穴が潰れて壊れてしまうんじゃないかと不安でした。

MacBookは基本的に、裏のパネルを外してごちゃごちゃイジるとAppleCareの保証対象外となってしまうので、それを防ぐためもあってか特殊なネジが使われています。

なので僕のように一度外れてしまうと、自力で締め直すのはなかなか難しいんですよね。家庭用のプラマイドライバーを使ったら、間違いなくネジ山を潰してしまうでしょう。

AppleStoreのGeniusBarに行って、ネジを無料で締め直してもらった!

でも安心してください!

僕と同じようにもしMacBookの裏のネジが外れてしまった場合でも、AppleStoreのGeniusBarに持ち込めば、AppleCareに入っていなくても無料で締め直してもらうことができます。

今回、僕はAppleStore表参道のGeniusBarに行って、新しいネジを締め直してきてもらいました!

AppleStoreの表参道

AppleStore表参道

ちなみに、GeniusBarは予約制になっているので、公式サイトから予約を入れておくことを忘れないようにしてくださいね。順番待ちでもやってくれると思いますが、かなり待たされると思いますからね!

それと、GeniusBerは連日混み合っています。なので予約するにしても、1週間以上前から余裕を持って早めに予約を入れておくようにしましょう。

AppleStoreの混み合っている様子

GeniusBarはいつも予約でいっぱいです。

僕は1週間前から予約をして、ギリギリ18:30の枠を取れたくらい混み合っていました。おそらく銀座店・渋谷店になるともっと予約が取りにくいと思います。

GeniusBarの予約の取り方についてはこちらで紹介していますので詳しく知りたい方はどうぞ!

MacBookの裏のネジが外れので、GeniusBar(AppleStore)で締め直してもらってきた!

 

AppleStoreについたら店員さんに「GeniusBarで〇時〇分に予約していた〇〇ですー」と要件を伝えて、席に案内してもらい、スタッフに事情を説明したら、すぐに裏で修理してくれました。時間にして5分くらいで、ほんとにあっという間でしたね。

そして!しっかりネジを締め直してもらったMacBookProちゃんがこちら!

MacBookProの裏のネジを締め直してもらった! MacBookProの裏のネジを締め直してもらった!
宮川 輝
カンペキ。( ̄ー ̄)

しっかりと新しいネジを取り付けてくれました。おそらく一度全部ネジを外して、裏のファンに溜まったホコリなども取り除いてくれたのだともいますが、なんだか渡した前よりMacBookが綺麗になって帰ってきましたよ!

GeniusBarに持って行って綺麗になったMacBook

画面からキーボードの汚れまで、全て綺麗に拭き取ってくれました。ここら辺の気遣いは「さすがAppleさん!」といったところですね。

まとめ。

MacBookの裏に使われているネジを締めるドライバーは、ネットを探すと出てきますので、自力でお手入れをしたい方はお使いの型番とネジの種類をよく調べてから購入してみてください。

今回はただ裏のネジを締めてもらうだけだったんですが、MacBook本体まで綺麗にしていただいてなんだかまた愛着が湧いてきましたね。大事に使わねば…!!

それでわっ!