音痴を克服してカラオケで歌うのが好きになれる3つのボイストレーニング方法

音痴を克服する3つのボイストレーニング方法を紹介します。



「私は音痴だから歌うのが嫌いだし、カラオケになんて行きたくない。」という悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。

僕はボイストレーニングを受けるまで、自分が音痴なことにまったく気づきませんでした。

自分の声を生で聞いたことで、初めて「自分は音痴なのかもしれない」と気づき、同じような悩みをかかえたことがあります。

でも、実は音痴だと思っている人のほとんどは、本当の意味では音痴ではないのです。

そんな"エセ音痴"の人は、ボイトレをすれば必ず克服できますし、カラオケで楽しく歌えるようにもなれます。

僕はボイトレをするうちに音痴を克服していきました。今では歌うのが前より楽しくなりましたし、カラオケに行くのも大好きになりました。

そこで今回は、そもそも音痴の人とはどういう人なのか。また音痴な人の特徴と、克服する方法を3つ紹介します。

歌うのが苦手な方でも、音痴で悩む必要はありません。

少しつづトレーニングを重ねて、自分のイメージした声が出せるようにしていきましょう。

そもそも本当の意味での音痴とは?

音痴とはそもそも、心や身体的障害などで自分の声をコントロールできない人のことを言います。

「自分の歌が下手なのは音痴だからだ」と思っている人は、本当の意味では音痴ではありません。ただ音程を外してしまうなど、自分の思い通りの歌声を出せていたいないだけなのです。

いまはプロとして曲を出しているアーティストでも、最初はイメージした声で歌えなかったはずです。

それでもボイストレーニングをするこによって、少しづつ思った通りの歌声で歌えるようになり、歌が上手い人に少しづつ成長していったはずです。

だから、最初から自分の思い通りの歌声を出せる人はごくわずかで、ある意味みんな最初は音痴なのです。

でも僕がそうだったように、しっかりとボイストレーニングを積めば音痴は必ず克服することができます。

だから恥ずかしがることはないので、安心して「ここからが歌を上達させるスタートだ」と思いながらボイストレーニングをしてください。

音痴といわれる人の3つの特徴。

最近使われる音痴の意味は、単純に「歌が上手に歌えない人」のことを指すようになりました。

では音痴と呼ばれる人にはどんな特徴があるのか。大きく分けて3つにまとめました。

1.音程が取れない

音程が取れていないイメージです。

音程が取れないと言うことは、「耳で聞いた音」と「口から発声する音」のどちらかが合っていないということです。

日常的に音楽を聴いている人なら、耳で音を認識することはできているはずです。曲を聴くことで「落ち着く」「気持ちが高ぶる」のように感情が揺さぶられるということは、音を正しく認識できている証拠です。

つまり多くの音痴な人は、耳から入ってきた音程と同じ音程を口から出せていないことが原因なのです。

僕もこのパターンでして、自分では正しい音程で歌っているつもりでも、録音したら全く違った音程で歌っていることに気がつきました。

特にカラオケなどで大音量で歌っていると、自分の発声しているのが正しい音なのか分からなくなってしまいがちです。

お風呂で歌うと綺麗な歌声で聞こえやすいように、反響して聞こえる音は実際の歌声とは違うでの、それが慣れてしまうと音程がずれて音痴がなおりません。

なので音程が取れない人は、まずは自分の声を知る必要があります。

2.リズムが取れない

リズムが取れていないイメージです。

リズムが取れない原因は主に3つあって、「発声のタイミング」と「発音のタイミング」と「息継ぎのタイミング」です。

僕は小さい頃にスキップなどで体を使いながらリズムを取る練習をしてきたことから、「運動ができないとリズムが取れない」と思っていました。

でもボイトレを受けるようになって、歌は4拍子の曲だろうが3拍子の曲だろうが、全ては発声のタイミングでリズムが生まれていることに気がついたんです。

そして、発声するためには息継ぎが必要です。でも息を吸うタイミングを間違えると少しずつリズムがずれてしまうので、どこかで正しいリズムが取れなくなり、結果的に音痴な人になってしまうことがあります。

歌詞を覚えていない曖昧な状態でも、カラオケに行けば歌詞が画面上にでてくるので歌えるのですが、リズムは発声・発音と息継ぎのタイミングでできてる以上、歌詞を覚えないとリズムが取れるようになるのは難しいです。

なのでリズムが取れない人はまず、歌う曲の歌詞を覚えてからリズムをとる練習をする必要があります。

3.出せる音域が狭い

出せる音域が狭いイメージです。

自分のことを音痴だと感じる人の多くは、音域の狭さを実感していることでしょう。

男性なら高音を出すのに苦労したり、女性なら低音を響かせるのに苦労したりします。

音域には個人差がありますが、どんな人でも練習すれば音域を広げることはできます。

これは僕の経験上でもそうだし、これまで音楽教室に通いボイトレを教えてくださった講師の方たちもそう言っていました。

音域が狭いというのは、ある種当たり前の話で、日常的に高音や低音を出すことがないから、たとえ出せるとしても方法がわからないのです。

ボイトレではミックスボイスという高音を出すトレーニングをすれば、自分の知らない音域を地声で出すことができます。

そして、イメージした音程のままパッと出せるようになるようになることで、音域を広げていくことができるのです。

最初は音域が狭いのは当たり前なので、徐々に広げていくものと思い、根気強くボイストレーニングしていくことが大切です。

音痴を克服する3つのボイストレーニング。

では、実際に音痴を克服する3つのボイストレーニング方法を紹介します。

最初は誰もが音痴で、それを自分で自覚していくことで上手に歌えるようになっていきます。

なので焦らず、一つ一つ確実にやっていきましょう。

1.自分の声を録音して歌う

まずは自分がどんな声で歌っているのかを確認するために、ボイスレコーダーを使って歌声を録音しましょう。

専用の機械がなくても、スマホの無料アプリで簡単に録音することができます。

簡単ボイスレコーダー

簡単ボイスレコーダー
開発元:Studio Zebra
無料
posted with アプリーチ

このとき、絶対にマイクを使って録音しないでください。

特にカラオケでマイクを通して歌うと、壁に反響したりエコーがかかって本来の歌声とは違ったものになってしまいます。必ず”生歌”で録音しましょう。

おそらく、初めて自分の声を聞くとイメージとは全く違う声で歌っていることと、音程が取れていないことに気がつくと思います。

いつもスピーカーを通して聴く自分の歌声は本当の歌声ではなく、これが本来の歌声なのですが、ヘコまないで、ここからが歌を上達させていく最初の段階なので安心してください。

耳で音程を取ることはできているのですから、あとは自分の声を合わせていく作業をするだけです。

自分の本来の声が分かったら、次に音程をとる練習をしていきます。

カラオケでは採点機能を入れると、このようにリアルタイムで音程のバーが出てきます。

精密採点DXで音程を見ながら歌えます。

採点機能を入れると画面上に出る音程を見ながら歌えます。

これを見ながらマイクのボリュームを入れないで歌って、正しい音程で歌えているかを確認しましょう。

慣れてきたら、自分の声を録音しながら音程の確認も一緒にしていきましょう。

2.歌詞を覚えて、体でリズムを刻みながら歌う

次にリズムをとる練習です。まずは歌う曲の歌詞を覚えましょう。

歌詞を覚えていないと、画面の歌詞を目で追いながら歌うことに集中してしまい、リズムをとるどころではなくなってしまいます。

歌詞は「歌詞ネット」で検索すると出てきます。紙にコピーしてもいいですが、手で書くとより覚えやすいでしょう。

そして、リズムが取れるようになる簡単な方法は、体でリズムを刻みながら一緒に歌うことです。

例えば、4拍子なら足で「トンッ、トンッ、トンッ、トンッ!」としながら歌うとか、座っている状態なら太ももを手で叩きながらリズムをとると、歌いやすくなるはずです。

またメトロノームを使うことでリズムを刻むこともできます。こちらも別に新しいのを買わなくても、スマホのアプリで代用することができるのでおすすめです。

メトロノームのビート

メトロノームのビート
開発元:Gismart
無料
posted with アプリーチ

リズムが取れるようになると音程も取りやすくなるのに気がつくと思います。

3.最初から最後まで裏声で歌う

そして最後に音程を広げるトレーニングですが、これはとにかく裏声を鍛えることです。

綺麗な歌声というのは、地声と裏声が混ざった声(ミックスボイス)のことです。

もし裏声で最初から最後まで歌えたのなら、その音域は地声(ミックスボイス)でも歌えるということになりますが、そのためにはまず、徹底的に裏声を鍛える必要があります。

というのも、僕も今まで音程を広げるのにめちゃくちゃ苦労しまして、なかなか高音を出せるようになりませんでした。

そんなあるとき、とあるボイストレーナーから、「とにかく裏声を鍛えないとミックスボイスで歌えるようにならないよ」と言われたんです。

それをきっかけに、僕は裏声で低音も高音も全て歌うよう心がけました。するとそれから2週間ほどで、高い音でも綺麗なミックスボイスで歌えるようになったんです。

繰り返しになりますが、音域を広げるためには裏声を鍛えなければいけません。

森山直太朗の「さくら」という曲が裏声で歌うのに最適な曲なので、この曲で練習してみましょう。

音痴を克服すればカラオケで歌うのが好きになる。

以上が音痴を克服する3つのボイストレーニング方法です。

音痴を克服できれば、カラオケで歌うのが好きになって楽しくなると思います。

ただ簡単ではなので、根気よくボイストレーニングを続けることが大切です。

一度にやろうとせず、ひとつひとつを確実にこなして行ってください。

このブログで歌を上達させるノウハウをたくさん紹介していますから、それらを参考にトレーニングを続けてください。