歌うときの正しい姿勢を身につけていい声を出す準備をしよう!

歌うときの正しい姿勢を身につける方法
Thanks to our advertisers


今回はボイストレーニング教室でも必ず教わる「歌うときの正しい姿勢」について紹介します。

ボイストレーニングを受けている人でも、歌うときは姿勢に気をつけなければいけないと分かっているけれど、なかなか身に付けるのが難しくて忘れてしまいがちです。

僕も最初に正しい姿勢を教わりましたが、ミックスボイスなど他のトレーニングを重ねているうちに、姿勢に意識を配れなくなってだんだんと崩れてしまうことがよくありました。

だけれども、姿勢と歌声は切っても切り離せない大切な要素です。

姿勢を正すだけで、これまで喉声だったのが直ったり、今まで出なかった高音が綺麗に出せるようになったりします。

ある程度歌が上手な人はどんな姿勢でも綺麗な声を出すことができますが、これから歌を上達させる人は基本を覚えることが大切です。

「喉に力が入ってしまう!」「息が続かない!」「肩に力が入ってしまう!」といった悩みは、姿勢を正すことで歌いやすくなるかもしれません。

カラオケで座りながら歌う場面や、ライブなどで立ちながら歌う場合では、姿勢も少し変わってきます。

悪い姿勢で歌ってないかを確認して、体がリラックスした状態を作り出してください。

Thanks to our advertisers

なぜ正しい姿勢で歌うことが大切なのか?

ボイストレーニング教室でも「歌うときは姿勢を正しましょう!」とは教わるものの、正しい姿勢で歌うことがなぜ大切なのか、レッスンをしばらく受けるまで分かりませんでした。

でもトレーニングを重ねていくうちに、姿勢を正すことで息が通りやすくなるから歌いやすくなるんだということに気づきました。

当たり前のことだと理屈では分かっていても、実際に体感するまでには時間がかかりました。

息が通りやすくなるから正しい姿勢で歌うのは大切です。

正しい姿勢をすると息が通りやすくなるので歌いやすくなります。

悪い姿勢で歌うと、肺も気管も圧迫されてしまうので十分な空気が吸えないし、吐くこともできないから歌いにくくなるのです。

悪い姿勢のまま歌い続けると、肩や顎など関係のない場所に力が入って、余計に歌いにくくなります。

僕はそれがクセになってしましまいなおすのにとても苦労しました。

逆に正しい姿勢で歌えば、十分に空気が吸えて余計な場所に力は入らないので、声を張る時でもリラックスした状態になれます。

つまり正しい姿勢とは、息を通しやすくてリラックスできる状態のことをいいます。

よくある3つの悪い姿勢。

次によくやってしまいがちな歌うときの悪い姿勢を2つ紹介します。

自分では正しい姿勢だと思っていても、意外と難しくできていないのが姿勢です。

また正しい姿勢を取れても、歌っているとだんだん崩れてしまうのが正しい姿勢をとる難しいところです。

カラオケにはなかなかないですが、歌いながら鏡の前で確認するのがオススメの方法です。

1.猫背になってしまう

一番多いのは猫背になってしまうことです。

猫背は歌うときの悪い姿勢です。

猫背で歌っている状態です。

猫背では肺に十分な空気が遅れないため、非常に歌いにくくなってしまいます。

でもプロのアーティストの方を見ると、声を張り上げたり伸ばすときに猫背になる人がいるんですね。

これは肺の中の空気を絞り出すためであって、吸うときは上体を起こした方がたくさん空気を体の中に溜め込むことができます。

それと初心者のうちは基礎を身につけるのが大事なので、苦しくても猫背にならないで、腹式呼吸でお腹の力で空気を絞り出せるようにしましょう。

最初のうちはお腹の中の空気がなくなると上体が前に倒れて猫背になりやすいです。意識して起こすようにしましょう。

2.顎が出てしまう

また顎が出るのも良い姿勢とは言えません。

歌うときに顎が出てる悪い姿勢です。

顎が出るのは悪い姿勢です。

顎が出る人は猫背になりやすいという傾向もあります。僕はこの猫背+顎が出る姿勢がクセになって、修正するのになかなか時間がかかりました。

背中がまっすぐでも顎が曲がっていると、せっかく送られてきた空気がまっすぐ上まで届きません。

歌では息を鼻に通すことで綺麗な歌声が出るようになるのですが、顎が出ていると口の中が狭くなり鼻まで息が届きません。

さらに顎に力が入ると、絶対に綺麗な歌声は響かせられません。

大声で高音を響かせるときでも、背筋を曲げずに顎をださず、力が入らないダルダルの状態が理想的な姿勢です。

2.反り背になってしまう

頭や顎、背中を前に出しすぎないことを意識すると、今度は上体を反らしてしまいがちです。

上体を反らしすぎるのも歌の悪い姿勢です。

体を反らしすぎるのもよくありません。

写真では大げさにやっていますが、シャウトするときに上体を反らしてしまう人はたまにいます。この状態を反り背(そりぜ)と言います。

息を吐き切るときは、反らすのではなく体を丸めて絞り出さなくてはいけません。これでは逆に声が出なくなってしまいます。

僕は正しい姿勢に直そうとして、逆に悪い姿勢の反り背になってしまうことが多かったです。ボイストレーナーから猫背を指摘されたあとに、よく「今度は上体を反らしすぎないで!」と注意を受けました。

なので、正しい姿勢に直そうとして逆に反りすぎていないかも確かめましょう。

歌うときの正しい姿勢はこれ!

これがボイストレーニング教室でも教わる、歌うときの正しい姿勢です。

“正しい”というとまるで他に正解がないみたいなので、理想の姿勢という言葉が正しいですね。

歌うときの正しい姿勢です。

歌うときの理想の姿勢です。

ポイントは6つありますが、大切なところは3つだけ太文字にしてあります。

  • 1.背中に定規を入れられているイメージで真っ直ぐ立つ
  • 2.目線は真っ直ぐ、下を見過ぎない
  • 3.顎は出さない
  • 4.肩の力を抜く
  • 5.足を肩幅に広げる
  • 6.マイクを持つ手はリラックス

 

まずは猫背にならないために、背中に定規を入れたようなイメージで真っ直ぐたちます。このとき、重心をやや前におくとマイクとのバランスが取りやすいです。

あと、背中はまっすぐになっても顎を出すと息の流れが悪くなるので、顎は気持ち引く程度に構えます。

そして最後に大事なのが、肩の力を抜くことです。

両手を万歳して、ストンと両サイドに落とした状態が一番ベストです。

 

ちなみに、座っている状態で歌うときはこの形が理想の姿勢です。

座ったときの正しい姿勢は気持ちだけ前に傾けます。

座ったときは気持ちだけ前に傾けます。

座っている状態で歌うときは、背筋を伸ばそうとすると反りすぎてしまいます。

なので、立った状態より気持ちだけ前に傾けると、無駄な力が抜けてリラックスできると思います。

以上、歌うときの正しい姿勢についてでした。

Thanks to our advertisers