1週間で実感!声を出さずに歌を上達させるボイストレーニング方法

声を出さずに自宅で歌の練習をする方法を紹介します。
Thanks to our advertisers


  • 歌の練習をしたいけど何からしていいかわからない
  • 頻繁にカラオケに行ける時間とお金の余裕がない
  • 大声を出せる環境がないから練習できない
  • 自宅で歌を上達させられない
  • もうボイトレ諦めようかな…

こんな悩みを抱えてませんか?

僕は2年ほどボイストレーニングを続けていますが、今まで歌の練習は声を出さないと上達しないものだと思ってました。

だからよくカラオケに行って大声を出せる環境を作っていたけど、毎日通えるほど時間とお金に余裕がありませんでした。

ましてや自宅に防音室なんてないので、部屋の中で大声を出すわけにもいかず、家に帰ったらもう歌の練習はあきらめてました。

歌いたいときに歌えないって、ものすごくストレスになりますよね。

だけどこの本に出会ってから、声を出さなくても自宅で歌の練習ができる方法があることを知ったんです!

そして自宅で声を出さない練習方法を続けていたら、ボイストレーニングで実際に声を出したときに、歌が上達していたことを実感したんです。

今回はそんな魔法のような本を紹介しますよ。

Thanks to our advertisers

声を出さないと歌は上達しない?

「歌の練習がしたいけど声を出せる環境がない!」

僕はこれまで家で大声を出して練習したいのに、近所迷惑になることを考えて練習できないストレスをずっと抱えてました。

僕のように住宅事情でなかなか声を出せず、歌が上達しない人は多いそうです。

特に、プロのアーティストでボーカルを目指して上京してきた人でも、都会の住宅事情で自宅での練習が全くできず、夢をあきらめてしまう人もいるんだとか。

歌の練習は楽器やスポーツと同じで、毎日練習する習慣を身につけることが大切です。

でも自宅で大声を出せたら苦労しないんですよね(笑)。カラオケのような防音環境で練習できないから、歌が上達しないで困ってしまうんです。

 

でも声を出さなくても歌を上達させる練習方法があったんです。

僕も最初は半信半疑で「こんな方法で歌が上手くなるのかな?」と疑ってました。でも買ったからには信じてみたくて、騙されたと思って1週間ほど声を出さないで練習を続けてみました。

するとボイトレで大声を出したときに、明らかに今までより楽に声が出せて上達したのを実感しました。

無理に声を出して練習する必要はなかったんです。

声を出さずに歌が上達するボイストレーニング方法があった!

僕が大声を出せない自宅でもボイストレーニングができるようになったのは「1週間で効果実感! 声を出さずに歌が上達する ボイストレーニング34」のおかげです。

「いやまって、声を出さないで歌が上達するなんて嘘でしょ(笑)」って思われるかもしれないけど、僕はこの本を読んで1週間声を出して歌わない練習をしたら上達してました。

なぜかというと、この本で紹介されてるのは小手先のテクニックではなく、15年以上も歌の講師をやられた方の実体験ノウハウだったからなんです。

Amazonでも在庫切れを起こすほど大人気で理由は、この独自の視点で分析されているからなんですね。

変な癖がつく前にこの本に出会えてよかったです。もし「ただ歌って練習すればいい」と思っていたら歌が嫌いになってたと思います。

1週間は歌の練習よりも生活習慣を見直す!

まずこの本を開いたら紹介されている「声に悪い生活習慣・食生活・運動習慣」を読んで、自分の生活習慣を見直しました。

具体的には睡眠時間や食べ物、体を動かす時間などですね。

本の中にある「声に悪い生活習慣チェックリスト」で自分の生活習慣を見直したら、30項目中、23項目ほど当てはまってびっくりしました(笑)。生活習慣悪すぎ!

僕みたいに声に悪い生活習慣を送ってる人は、歌の練習をするよりも生活習慣を見直すことで歌が上達する可能性があります。

僕は1週間で効果を実感しました。1週間後に実際に声を出して歌うと、前より声が詰まる感覚がなくなったり、ブレスが続かないなんてことがなくなったんです。

僕は規則正しい生活習慣を送るのは苦手なんですが、下手に声を出して悩むよりも簡単だったのですぐに見直すことができました。

疑っていただけに本当にびっくりです。歌の練習なんて全然してなくて、ただ声に悪い生活習慣を1週間見直しただけです。

 

さらに次の1週間からはより実践的な、声を出すときの姿勢や本来の腹式呼吸の方法などを練習したことで、確実に歌が上達していく感覚をつかむことができました。

どの練習方法も無理に声を出すことはありません。

今まで声を出しながらボイストレーニングしていただけに、楽に歌えるようになったときは本当に驚きました。

なんで声を出さないのに歌が上達するの?

でも一つ疑問に思うことがあります。

それは「なんで声を出してないのに、歌が上達するのか」ということです。

生活習慣を見直すだけで歌が上達するなんて、正直怪しすぎますよね。

でも声を出さなくても歌が上達するのには、しっかりとした医学的根拠があったんです。

まず、私が見てきた経験で言わせていただくと、胃腸が弱ってる状態では喉が開きにくい状態であることが多く、そのまま発生すると詰まった状態で力が入るので、よく言われる「喉声」という状態になりやすくなり、無意識に舌根(ぜっこん)が非常に上がった状態、あるいは喉が狭い状態で発声するすることになって、その悪いフォームのまま筋肉がつくので、喉声が定着してしまいます。

「喉声はいい歌声ではない」というのはご存知かと思いますが、自分で喉声だと気づかずに歌い続けると、悪いフォームのまま筋肉がついてしまいます。

喉声で余計についた筋肉が、歌うときの変な癖になってしまい歌の上達を妨げる原因になってしまうんです。

じゃあ喉声にならないように意識すればいいのでしょうか?

いいえ、歌うときだけ意識したって生活習慣そのものが悪いと絶対に歌は上達しないんです。

1週間で効果実感! 声を出さずに歌が上達する ボイストレーニング34ではその例として、家にこもりっきりの人を上げています。

「オタク」と呼ばれる若者たちに、こうした喉声やキンキン声が多いという事実をご存知でしょうか?彼らはアウトドアよりも自宅にこもり、自分の趣味をコンピューターゲームを中心に楽しむ若者ですが、自称オタクだという方に話を聞いてみると、やはり、アウトドアやスポーツは嫌いで、家にこもってゲームをすることが多く、夜型になるので身体は開きにくく、食生活が偏るので胃腸も弱ってくるという共通点があるようです。

胃腸が悪いと息が続かない、声が震える、安定しない、音程が取れないなど、歌が上達しにくい状態になります。

だから無理に声を出して練習するよりも、まずは食生活などの生活習慣を見直すことが大切なんですね。

普通のことだけど誰も意識しない大切なことを、改めて教えてくれます。

歌を上達させるためにまずは生活習慣から見直そう。

僕がこの本から歌を上達させるために1週間取り組んだのは「生活習慣を見直すこと」だけです。特別な練習方法をやらなくても、確かに1週間後に歌が上達したのを実感しました。

下手に歌の練習を迷いながら続けなくてよかったです。

僕がボイトレを始めた1年前に真っ先に教えてあげたいぐらいです。歌が伸び悩んでた頃の自分に「下手な練習より、食生活を見直しなさい!」って言ってあげたい!

 

食生活を見直せるようになってから出来る、実践的な声を出さない練習方法も紹介されています。

僕みたいに自宅でなかなか声を出せなくて、歌の上達に伸び悩んでいる人は、変な癖がついてしまいがちです。

しっかりとした歌の基礎を身につけるために、歌うのを我慢してまずは生活習慣から見直すことが大切です。

具体的な食事のメニューも紹介されてるので、本気で歌が上手くなりたい人にはオススメできる一冊です!

Thanks to our advertisers