「脳に良い変化をもたらす運動の効果」を観た感想。

「脳に良い変化をもたらす運動の効果」を観た感想。【TED】
Thanks to our advertisers


アメリカらしいノリノリなトーク、僕は結構好きだ…(笑)。

しかし登壇者が“ウィーンディー・スズキさん”ってことは日本人のハーフだろうか。TEDを見ているともはや人種について意識することがなくなってくるのだけれど、タイトルに名前があるとつい「おっ!?」っと反応してしまう(;’∀’)w

 

小さい頃から体をよく動かしていたけれど、大人になるにつれて運動しない日が多くなってきたなぁ。外で遊ぶ子供たちを見ていると、どうしてこう僕たち大人は彼らのようにワキャワキャして遊ぶことができなくなってしまったんだろうかと不思議に思う。10年前は肩こりなんてなかったのは、きっといつも動き回っていたからだろう。

もうすぐ70歳を迎える父も、自転車で40kmくらいの距離を平気で走るぐらい元気だ。それはきっと、いつも運動して体を動かしているからかもしれない。

職業柄、僕はどうしても机の上に縛られっぱなしになってしまう。そんなときは外に足を運んで体を動かすことを忘れずにいたいと思う。

ちょうどこの記事を書き終わったら、また散歩に出掛けるつもりだ(笑)。

Thanks to our advertisers

運動が脳に与えるいい影響。

体を動かした後に頭がスッキリする理由を探そうとしたことは一度もなく、いつも「そういうもの。」としか捉えていなかった。しかし、科学的にも体を動かすことで脳が活性化されることは証明されているらしい。

「脳に良い変化をもたらす運動の効果」を観た感想。【TED】

脳の専門知識がない僕にもこの理由は感覚でわかる。体を動かすと身体中の神経を動かすことになるからで、それによって脳が神経を通して刺激されるのだろう。

 

僕たちはよく“頭で体を動かしている”と思いがちだが、実は身体中のあらゆる臓器や神経がその知性を脳へ働き掛けてくれているのだ。僕の父が「脳はバカ、腸はかしこい」という本を絶賛していたが、中でも腸の働きというのはまだ知られざる可能性が秘められているらしいと、数々の専門家が主張しているところだ。

僕はこうして文章を書いているが、これを頭だけで書こうと思ったら無理なのだ。言葉の節々に気を取られてしまい、スラスラ言葉が出てこない。

もちろん、慎重な言葉遣いをすべき場面では頭をよく使うのだが、そういうときでも本当にいいアイディアが浮かぶときは頭がスッキリしているものだ。頭のメモリをフルで活動させているときほど、僕は記事を書くことができなくなる。

運動をするスポーツ選手が頭ではなく体が反応して感覚で動くように、キーボードを叩くのも頭ではなく、体のあらゆる神経を使っているのだと実感したのはつい最近のことだ。タイピングはある意味でスポーツだ。

だから僕は、正しい姿勢で30分も座っていられない(笑)。いつも足を組み替えたりしないと頭が働かなくなってしまう。

これは食事をするときや寝るときもそうだが、そもそも正しい姿勢を“保つ”というのは礼儀作法の世界だ。礼儀作法の素晴らしい意識を残しつつ、型に囚われたそうした堅苦しい仕組みをぶち壊そうとしている僕には、同じ姿勢を保ち続けることで人からよく見られたりは気にしない。

大切なのは何をするかではなく、どのようにするかだ。

運動することで脳を保護してくれる。

そして現在、治療が難しいと言われている認知症やアルツハイマー病を、運動によって防ぐことができると彼女は主張していた。ふむ、これは納得できる気がする。

「脳に良い変化をもたらす運動の効果」を観た感想。【TED】

というのも、僕の父はもうすぐ70歳なのだが、体も頭もイキイキしている。100歳を超えたおばあちゃんが畑仕事をしている姿をYouTubeで見たことがあるけれど、意識がはっきりとしていた。これは間違いなく、運動の効果だろう。

僕の友人が介護職をしているのだが、中にはご飯を食べさせたりお風呂やトイレに自分で行けない人たちがいるという。彼は「自分がやってあげるのは、本当はおじいちゃん・おばあちゃんにとってよくないことなのかもしれない。」と危惧していたのを思い出した。

そして元気な高齢者を振り返ると、彼らはいつも自分でなにかをしようとする意識があるのだ。それが脳を活性化させ、アルツハイマーや認知症から守ってくれているという側面があるのは、僕も実感するところだ。

 

運動が体を健康に保つだけでなく、脳を保護する効果もあるなんて。

言われる前からなんとなく分かっていたけれど、やはり専門家から言われないと実感として湧きにくいところがあった。だから彼女のようにその効果を自ら体験するだけでなく、それを人々に伝えていくという活動はきっとこの世界にとって大きな効果があるはずだ。

僕も父親や100歳を超えても元気なおじいちゃん・おばあちゃんのようになる為に、いつも体を動かすことを忘れないでいたいと思う。

どれだけパソコンと向き合おうが、毎日必ず運動する。そうしないと、気が付いた頃には体は元気でも脳が衰退していくかもしれない。これから気をつけようと思った。

運動して体も脳も元気になろうぜヒャッハー!!

スポーツ選手がなぜあれほど人々から注目されるのか。それはきっと選手から物質的なエネルギーを直に感じることができるからだろう。しかし、彼女が伝えているのは“闘争心”という他人との競争するためのエネルギーを生み出すものとは、ちょっと違うと思っている。他人から勝つための運動しか知らないと、いずれ脳を破壊することになるだろう。

運動とは、自分が心から楽しんで体を動かすことだ。彼女のように(笑)。競うとするならば、それは自分自身しかいないだろう。

「脳に良い変化をもたらす運動の効果」を観た感想。【TED】

僕は現在、よく水泳をしているんだ。体全体の筋肉を使うだけでなく、水中では筋肉をリラックスさせる効果もあるからね。久し振りに泳いだときは、文字通り肩が取れそうなくらい激痛だったよ(笑)。

運動して脳を活性化させることも大切だけど、 同時に体を怪我から守ることも覚えなくちゃいけないね。彼女の姿を見ていたら、とても元気をもらえたよ。

 

さぁさぁ、僕も今からちょっこら体を動かしてくるよ!

もう夜中の0時になるけどね!人がいない夜の街で体を動かすのが、僕は大好きなのさ!

Thanks to our advertisers