「私たちの生活を形作る階段の隠れた役割」を観た感想。【TED】

「私たちの生活を形作る階段の隠れた役割」を観た感想。【TED】



僕の自宅に辿り着くまでには1階ちょいぶんを上る階段があるのだけれど、6月から9月にかけてはカメムシでイッパイになり、この季節は蜘蛛の巣が張り巡っている(笑)。

僕は虫が好きなタイプじゃないから、殺虫剤でも使って除去しようかとも考えたんだけれども、どうしても階段にいる虫を殺す気持ちにはなれないんだよね…。綺麗に掃除したいけど、虫さんも生きてるから無駄な殺生はしたくない心が芽生えてしまう。別に彼らがいても、僕の生活に影響はないし。

 

昔からマンションや団地の階段は“薄暗くて、ちょっと気味が悪い場所”というイメージがあったけれど、たしかにヨーロッパを見渡すと階段ってとても綺麗なイメージがあるよね。ほら、スパーマリオに出てくるお城にある階段ってめっちゃ綺麗だよね。あとはアメリカの大学の階段とか、映画でよく見るけどなかなか雰囲気がある。

しかしながら、日本では綺麗な階段ってなかなか見かけない気がするな…。僕の住んでるところはもうすぐ築50年を迎える古い場所だから、階段といってもそれほどデザインされた印象を受けない。滑り止めに、階段の先っぽにちょっとしたプラスチックが被さっているぐらいだろうか。

しかし、日本の階段は“ガムの吐き後やゴミやない”という意味では非常に綺麗なのだ(笑)。アメリカの階段だけでなく、道路を見たらそのゴミとガムの吐き捨てた後の量に驚く日本人は多いはずだ。

あとは日本の住宅って狭いから、階段の幅は狭い印象だ。もちろん悪いことではないが、両手を伸ばしたら手が届く範囲にあるからどうしても圧迫感がある。広い階段といえば、小中高での階段くらいだろうか。あ、そう考えると学校の階段って結構いい役割を果たしているのかもね。

 

あとは高層階に住んでいると、なかなか階段を使う機会というのもないかもしれない。そういえば、子供の頃に近くにできた最新型マンションのむき出しの階段を14階分駆け上ったのを思い出した(笑)。高層階のむき出しの階段って、ちょっとスリルがあって楽しいんだよね…。もう23歳になったけど、またやってみたい。

そういえば建築家を目指している友達がいたけど、階段についてどんな印象を持っているんだろうな。今度聞いてみよ。

当たり前すぎて見落としているところでも、視点を変えるととても面白い。階段も、歴史を辿るとなかなか奥が深いようで面白かった。