歌声が安定する!声優もやっている肺活量を鍛える超効果的なトレーニング方法

複式呼吸をしている様子
Thanks to our advertisers


ここでは音楽学校と声優養成所でボイストレーニングを積んできた僕が、肺活量を鍛える方法を紹介していきます。

まずは「そもそも肺活量ってなに?」という基礎的な知識を紹介してから、一般的な肺活量を鍛えるトレーニング方法を2つ紹介します。

そして最後に、僕が声優養成所で教わった肺活量を鍛える超効果的な方法をひとつご紹介していきます。

ただやり方がちょっと難しいので、実際に実演しながらやっていこうと思います。

「なかなか声が安定しない!」

「歌ってると息が続かなくなる!」

「高音を出したい!!」

という方は、肺活量を鍛えれば歌声が安定していくこと間違いなしですので試してみてください。

Thanks to our advertisers

そもそも肺活量とは何か?

肺活量について初回していきます。

そもそも肺活量とは何かというと、“息を吸って肺に溜めた空気を吐いたときの空気量”のことを言います。

つまりは「大きな一回の呼吸でどれだけ空気を吐き出すことができるか」ということですね。

肺活量はml(ミリリットル)という単位で表すことができて、女性だと2000ml〜4000ml、男性なら3000ml〜4000mlが一般的です。

ちなみに僕が高校生のとき測定したら3100ml程度で、一般男性とほぼ変わらないか、ちょっと低いくらいの数値でした。

肺活量を測るときは「肺活量計」という機械で測るので、何回かやって息を吐き切るコツを覚えないと1回で数値をあげるのは難しいような印象を受けました。

またスポーツ選手になると6000ml〜7000ml以上になる人もいることから、体を動かす人は一般的な人より肺活量が多くなることが分かります。

ただ「あなたの肺活量はこのくらいです!」って言われてもあまり実感はないし、これから説明しますが歌は肺活量だけではないので、測定したとしてもあくまで参考程度だと思っておくのがいいでしょう。

歌とスポーツの肺活量はベツモノ

スポーツと歌の肺活量を説明したイラストです。

さきほど「スポーツ選手は肺活量が多い」と言いましたが、歌においては肺活量が多ければいいというものではありません。

というのも、スポーツで肺活量が必要なのは体の中により多くの酸素を取り込むためです。

マラソンで走っているときを思い出して欲しいのですが、息が苦しいときに細かく呼吸をしている暇なんてないですよね。そんなことしてたら「ウゲボッ!」って余計に苦しくなって倒れちゃいます。

少ない呼吸で少しづつ酸素を取り込むより、1回の呼吸で多くの酸素を取り込んだ方が体力を消耗しないからこそ、スポーツ選手の肺活量は多きくなっているのです。

ではスポーツと違って、歌と肺活量にはどんな関係性があるのかというと、体を動かしてるので酸素を取り込むのも目的のひとつですが、それよりも大事なのが歌声を安定して出せるようになることです。

僕がボイストレーニングを続けてきた実感としては、肺活量を上げることによって息を一定のスピードで吐けるようになるので、綺麗な歌声でかつ安定した発声ができるようになりました。

これは声優養成所に通っていたときの話ですが、これまでずっとスポーツをやっていたので「俺は肺活量がある!」と思ってたんですよ。

でも朗読をしていたら全く息が続かず、自分に発声に必要な肺活量が足りないと気づいたんです。

それから肺活量を鍛えるトレーニングをしていたら、だんだんと息を一定のスピードで出せるようになってきて、今では安定した声で話せるし、歌えるようになりました。

音楽教室で歌のレッスンをしたときも同じで、肺活量を鍛えたら少ない息でも高い声を張り上げられるようになったりと、息が続かなくなることが減りました。

そうした実体験から、スポーツと歌にはどちらも肺活量が必要ですが、それぞれに別の意味があり、別の役割があるということができます。

横隔膜を鍛えることで肺活量が増える

肺ではなく横隔膜を鍛えることで肺活量がUPします。

「肺活量を鍛える」とはいうけれど、肺には筋肉がないので実際に鍛えるのは横隔膜(おうかくまく)という筋肉になります。

お腹の下あたりにある筋肉で、下げることによって肺に空気を送り、上げることで吐き出してくれる役割があります。

普段日常的に呼吸をしているときにも横隔膜を使っているのですが、実はほとんど動かしていません。

歌に必要な肺活量を増やすためには、横隔膜を大きく動かして鍛える必要があります。

横隔膜を大きく下げることで肺により多くの空気を送り込むことができるし、さらにキープさせることで、肺に空気を溜め込んでおくこともできるんです。

この「肺に空気を溜めてキープする」というのがポイントで、普段の呼吸では肺の中に空気を溜めておくこがありません。

だから横隔膜が鍛えられずに、歌に必要な肺活量も身につかないのです。

この「肺に空気を溜め込む」のが、歌うときによく言われる腹式呼吸という呼吸法です。

横隔膜で支えながら空気を出すからこそ、一定のスピードで空気を吐いて、安定した歌声にすることができるのです。

一般的な肺活量を鍛える2つのやり方。

では、ここからは一般的によく使われている肺活量を鍛える方法を2つ紹介します。

これは誰にでも簡単にできる方法ですので、この次に紹介するやり方の前にウォーミングアップとしてお試しください。

1.ペットボトルを潰すトレーニング

ペットボトルの写真です。

一つ目がペットボトルを使ったトレーニングです。学生時代に吹奏楽部の管楽器をやる人などがよくやるトレーニングで有名ですね。

用意するのは500mlのペットボトル、また慣れてきたら1L、2Lのペットボトルと容量が大きいほど効果的です。

やり方は簡単で、まずは息を吐き出した後にペットボトルを咥えます。その次に、口にくわえたペットボトルの中の空気を吸って潰します。

ペットボトルを潰したら、今度は空気を吐き肺の中の空気を出していくというトレーニング方法です。

このペットボトルを使って肺活量を鍛えるときのポイントは、常に空気を一定に保ちながらやることです。

一気に吸ったり吐き出したりムラがあると、横隔膜が鍛えられないのでやる意味がなくなってしまいます。

「スー」と同じスピードで息を吸ったら、「ハー」とまた同じスピードで息を吐く。これを10回3セットほど繰り返して肺活量を鍛えていきます。

"いろはす"などの潰れやすいペットボトルがオススメです。ただ、かなり音がうるさくなるので注意してください。

2.有酸素運動でのトレーニング

大地を高速で移動する。

二つ目が有酸素運動で肺活量を鍛えるトレーニングです。

先ほど「スポーツと歌の肺活量は別物」という話をしましたが、”肺活量を増やす”という意味では、有酸素運動をすることで鍛えることができます。

ランニングや水泳など、基本的に息が上がるスポーツならなんでもいいと思います。

プロのアーティストの人ではマラソンをやっている人もいますね。

またスポーツをすることで全体的な体の筋肉がつきますから、基礎体力を上げるという意味でもいいでしょう。

声優もやっている肺活量を鍛えるのに超効果的なトレーニング方法。

さて、ここからは肺活量を鍛えるのにより効果的な方法を紹介していきます。

これは僕が声優養成所に通っていたときにやっていたトレーニング方法で、10回もやると汗が噴き出します。

かなり効果的ですがやり方を間違えると効果がないので、一つ一つ実演しながら3ステップでやっていきます。

ステップ1.仰向けに寝そべった状態で膝を立てる

まず、仰向けになって寝そべり、膝を軽く立てます。肩の力も抜いて、手はお腹の上ではなく両サイドにおきます。

声優もやっている肺活量を鍛える超効果的なトレーニング方法のその1です。

このとき、背中や尾骨を痛めないために厚手のストレッチマットを引くといいでしょう。

体の力をできるだけ抜くのがポイントです。

足や肩などに力を入れてしまうと効果がありませんから、ふにゃふにゃと体をリラックスさせてください。

ステップ2.肺の中の空気を吐き切る

次に、肺の中の空気を全部外に出します。

声優もやっている肺活量を鍛える超効果的なトレーニング方法のその2です。

このとき、まずは一息でゆっくりと吐き切ってください。そして最後に「もう吐けない!」というところまで吐いたら、肺を絞るイメージでギュッと絞り出します。

イメージとしては「ハーッ」っと吐き切った後に「ハッ!」と吐ききる感じです。

このときも同じように、肩や足などに力を入れないようにしてください。

ステップ3.肺を膨らましてお腹で10秒間キープする

そしたら最後に、ゆっくりとお腹を膨らましていきます。

声優もやっている肺活量を鍛える超効果的なトレーニング方法のその3です。

そして“お腹だけで”息を10秒間キープします。

苦しくなると肩に力が入ったり、腹筋に力を入れたり、喉で支えようとしてしまうかと思いますが、我慢して横隔膜だけで空気を支えます。

これが声優もやっている肺活量を鍛えるのに超効果的な方法です。

おそらく10秒は苦しいと思うので、最初は5秒でも構いません。とにかくお腹だけで、息をキープさせることを意識してください。

肺活量を鍛えると歌声を安定して出せるようになる。

肺活量を鍛えようと思ったらお腹周りの筋肉を使うことになるので、シェイプアップや美容など、健康面での効果もあるのが特徴です。

歌は息を使ったスポーツのようなものですから、息をコントロールできるようになれば歌声が安定するようになります。

続けるのは難しいですが、身につけたら間違いなく効果を実感できるようになること間違いなしです!

それでは以上、声優もやっている肺活量を鍛えるトレーニング方法のご紹介でした。

Thanks to our advertisers