「どうしてゾウはものを決して忘れないのか」を観た感想。【TED】

「どうしてゾウはものを決して忘れないのか」を観た感想。【TED】
Thanks to our advertisers


YouTubeにさ、象が絵を描く動画があったんだよ、これこれ!

サムネイルを見て最初は「またクリックバイトか…。どうせ人間が書いているんだろうけど、とりあえず見てみよう。」なんて軽い気持ちだったんだけど、見てみたらなんと本当に象さんが絵を描いているではないか(;’∀’)w!。コメント欄にも僕と同じように驚いていた人たちがいっぱいいたよ(笑)。これはかなりの衝撃だった。

絵を描いているときの象さんの目がなんともいえないなぁ…(笑)。他にも象と人間が一緒に生活している動画が何個か転がっていたな。

 

それからTEDEdで象の知性に関する話を聞いたことで、いかに彼らが知的な存在であるかを知ったんだけれど、どうやら象は人間のように鏡を見て“自分”という存在を認識することができたり、20年前に合った仲間たちのことを覚えていたり、死んだ仲間を埋葬して定期的に訪れたりする人間的な習慣があるみたいなんだ。

でも象の牙って高く売れるから、アフリカでは“象狩り”なるものが行われていたりするそうだね。昔というか100年くらいの日本は平気でクジラ狩りである“捕鯨”をしていた歴史もあるし、僕たちは動物のお肉とかを食べたりしているわけだから、これは正直なところなんともいえないな…。

だけど、お金目的で象に限らずとも動物を殺すような行為はやはり許せないし、こうした事実があることを知ってしまった以上は象だけじゃなくて、動物を殺して食べていることにも少し考えさせざるをえなくなるよね。

もちろんこれはすぐには解決できる問題ではないから時間を掛けてみんなで考えていかないといけない。カルト的な宗教みたいになって「お肉を食べるのは悪だ!」とは言いたくないからね。

動物や食について考えることは大切だけど、僕たちは人間であることも忘れてはならない。

 

僕はうさぎを買っているんだけれど、たかがうさぎでもよく観察していると色々と気付かされることがあるよ。人間があまり気にしない特に音について、うさぎは本当に敏感なんだ。

人間はその知性によって食物繊維とは少し違うところに位置しているけれど、自然の中で生きる動物たちから学ぶことがもっとあるのかもしれないね。

Thanks to our advertisers