WordPressでブログを書き始める前にやるべきパーマリンクの現実的な設定方法

WordPressのパーマリンク設定方法



WordPressをインストールしたら、ブログ記事を書く前にやらなくてはいけないのがパーマリンクの設定です。

WordPressの初期設定では、パーマリンクがまったくブログ向きに設定されていないという欠点があります。

これを変更しないままブログ記事を書き始めて、後になってからパーマリンクを変更するようなことになると、SEO的にかなり大きなデメリットになってしまいます。

それを回避するために、ここではWordPressをインストールしたら最初にやるべきパーマリンクの設定方法を紹介します。

それと、ここでは理想的なパーマリンクのつけ方も紹介していますが、ブログは現実的なパーマリンクをつけたほうが運営しやすく、結果的にメリットは大きくなるはずです。

実例を交えながら紹介してるので、自分のブログをどんなパーマリンクにするべきか確かめながら読み進めてください。

WordPressのパーマリンクについて。

WordPressのパーマリンクについての説明

パーマリンクとは、ドメインの後に続くその記事独自のURLです。

例えば、この記事のパーマリンクはこの部分です。今見ているブラウザのURLから確認してください。


https://akiramiyagawa.com/wordpress-permalink

この青色で示した『wordpress-permalink』がパーマリンクで指定した部分です。僕が自分で名前をつけました。

これによって、URLを見ただけでも『あ、この記事はパーマリンクを説明している記事なんだな』と読者に理解してもらうことができますよね。

SEOを管理しているGoogle側も、「パーマリンクはシンプルなものにするべきだ」というのがガイドラインで説明されています。

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。たとえば、航空機(aviation)に関する情報を探している場合、http://en.wikipedia.org/wiki/Aviation のような URL であれば、見ただけで必要な情報であるかどうかを判断できます。http://www.example.com/index.php?id_sezione=360&sid=3a5ebc944f41daa6f849f730f1 のような URL 自体は、ユーザーの関心を引くことはほとんどありません。

シンプルなURL構造を維持する/Google

このように、読者にわかりやすくてシンプルなパーマリンク名をつけてあげるのが、ユーザーにもSEO的にも効果的な設定方法です。

WordPressでブログを書く前に、まずはパーマリンクを設定しよう

しかし、WordPressはデフォルトの状態ではこのようにパーマリンクが設定されてしまっています。


https://akiramiyagawa.com/?p=123456

ドメインの後にまったく意味のない数字が並べられているだけで、見ただけで記事の中身がわかりませんよね。

ということは読者を困惑させてしまうし、SEO的にもまったく効果を発揮してくれません。

だからこそ、WordPressをインストールしたらまず、ブログを書き始める前にまずはパーマリンクの設定をしなくてはいけないのです。

このままブログを書き続けて後から変えてしまうと、今まで書いた記事のSEO効果がなくなってしまうというデメリットが起きます。

大切なことなのでもう一度言いますが、WordPressをインストールしたらブログを書き始めるよりもまずパーマリンクの設定をしましょう。

WordPressブログの理想的だけど使いにくいパーマリンク。

ではWordPressでブログを書くのにどんなパーマリンクが理想的なのか。

これがどんなWebサイトでも推奨されている、読者もSEOにも理想的とされるパーマリンクです。


https://ドメイン名/カテゴリ名/投稿名

このように、ドメインとパーマリンクの間にカテゴリー名を入れてあげることによって、その記事の内容がより分かりやすくなりました。

このパーマリンクだと記事の階層構造まで分かるので、どのカテゴリーに属しているのかまでURLから知ることができます。

しかし、この理想的なパーマリンクはブログを運営するにはかなり使いにくいのです。

詳しく見ていきましょう。

理想的なパーマリンクを設定することによるデメリット

このように理想的なパーマリンクを設定してしまうと、違うカテゴリーに移動したときにまったく別の記事として扱われてしまうというデメリットが起きます。

僕もそうでしたが、ブログ初心者は最初からカテゴリーを決めて記事を書いているのではなく、書きながらどんなカテゴリーに分けようかと考えているはずです。

そうすると例えば、僕が『異性にモテる10の方法』という記事を、『モテモテ』というカテゴリーで書いたとします。た、例えばです。

そしてこのように理想とされるパーマリンクを設定しました。

https://miyaaki/motemote/moteru-technic

するとこの記事が思ったより読まれるようになり、SNSからも検索からもアクセスが殺到しました。

ところが、「いや、やっぱカテゴリーは『モテモテ』より『イケメン』がいいな!」と気持ちが変わり、記事はそのままでカテゴリーだけを変えてしまいました。

https://miyaaki/ikemen/moteru-technic

すると、カテゴリーを変えただけでもURLが変わってしまうので、SEO的には先ほどと違う記事の扱いにされてしまうんですね。

ということは、今まで検索から読まれていた記事のSEO効果を引き継げないのです。

また、『https://miyaaki/motemote/moteru-technic』の場所には今までの記事が存在していないので、これまでSNSでシェアされたリンクから来た人には、404エラーを返すしかなくなってしまいます。

これはサイト全体の評価を下げることにも繋がりかねません。

このように、あらかじめカテゴリー分けして記事を書いてしまうと、後で変更したときにユーザーとSEOにとって大きなデメリットとなるのです。

ブログの方向性が定まらないうちはカテゴリーを頻繁にかえる可能性があるため、このパーマリンクでは理想どころか最悪の状況になりかねません。

書く記事があらかじめ決まっているならメリットがある

もしブログをやる前から、各記事が全て決まっているのであれば、この理想的なパーマリンクに設定することによるメリットはあると思います。

しかし僕がブログを2年以上運営してきた経験から、ブログのカテゴリーは書いてみないと分けにくいところがあります。

「この記事は違う内容にできるな」とか「この内容は深く掘り下げられるな」と試行錯誤しているうちに、全く別の記事になっているなんてこともあるくらいです。

なので理想的なパーマリンクに設定するのはいいですが、後から手直しが効かなくなるということは覚えておきましょう。

WordPressでブログをやるのに現実的なパーマリンク。

これがWordPressでブログをやるのに、最も現実的なパーマリンクの設定方法です。


https://ドメイン名/投稿名

このように、ドメインの直後に投稿名をつけたパーマリンクがくるのが、WordPressでブログをやるのに現実的な設定方法です。僕もこのパーマリンクを使用しています。

これなら記事をどんなカテゴリーに移動させても、URLが変わることがないのでSEOの効果を保ちやすくなります。

多くのブロガーがこのパーマリンクを採用している

個人でブログをやっている人のほとんどが、このドメインの後にパーマリンクがくるURLを採用しています。その理由はやはり、後からカテゴリーを変更する可能性を考慮したからです。
たとえ初めからブログの目的が決まりカテゴリー分けしても、後から変更しないとも限りません。
それに理想的なパーマリンクに設定したところで全てのSEOが決まるわけではありません。大事なのは記事の質です。
そういった面でも、ブロガーはパーマリンクをこの現実的な設定にして、カテゴリーを気にせずにどんどん記事を書き続けましょう。SEOを気にしすぎずに良質な記事を書き続けることが、パーマリンクを気にすることよりはるかにサイト全体の評価を高めることにつながります。

WordPressのブログでパーマリンク名をつけるときのポイントは2つ。

パーマリンク名をつけるときのポイントは二つあります。

  • 日本語名を使用しない
  • 記事の内容が分かる簡潔な名前をつける
  • 単語は『-(ハイフン)』で区切る

詳しく見ていきましょう。

1.日本語名を使用しない

まず一つ目に、日本語名でパーマリンクやURLを設定しないことです。

例えばWikipediaのページには、日本語名のURLが使われていることが多いのをご存知でしょうか。

これはWikipediaの使用上、仕方がないのですが、URLをコピーすると日本語名がつけられた場所はこのように文字コードで表示されてしまうんですね。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8

これは『シンプルなURL構造を維持する』というGoogleのガイドラインに合わないし、文字化けすると404エラーの原因にもなります。

パーマリンク名は必ず半角英数字を使うようにしましょう。

2.記事の内容が分かる簡潔な名前をつける

二つ目は、記事の内容が分かるようにパーマリンク名をつけることです。

例えば、ワードプレスの記事を書いているなら『wordpress』という単語をパーマリンクに入れます。

よく『wa-dopresu』といったように、日本語をそのままひらがなにしたパーマリンクがありますが、言葉は英単語で表した方が簡潔なURLになります。

このようにして、URLを見ただけでも記事の内容がわかるような名前をつけましょう。

3.単語は『-(ハイフン)』で区切る

また単語を区切るときには『_(アンダーバー)』ではなく『-(ハイフン)』を使いましょう。

特に複数のパラメータを含む URL など、過度に複雑な URL は、サイト上の同じまたは同様のコンテンツを表す多数の URL を不必要に作成し、クロールの際に問題が生じることがあります。その結果、Googlebot で必要以上に帯域幅を消費したり、サイトのすべてのコンテンツをインデックスに登録できないことがあります。

シンプルなURL構造を維持する/Google

この記事はパーマリンクを『wordpress-permalink』と単語を区切っています。

これによってよりシンプルで分かりやすいパーマリンクにすることができます。

WordPressでパーマリンクを設定する方法。

まず最初に、WordPress全体でパーマリンクが『https://ドメイン名/投稿名』となるよう設定していきます。

WordPressの管理画面に入り、メニューから『設定』の中の『パーマリンク設定』を選択します。

WordPressの管理画面からパーマリンクを選択

 

デフォルトだと『基本(https://ドメイン名/?p=123)』か『日付と投稿名(https://ドメイン名/年/月/日付/時間/投稿名)』が選択されていますので、これを『投稿名』に変更します。

投稿を選択

最後にしっかりと保存をして、パーマリンクの基本設定は完了しました。

WordPressで記事を書くときにパーマリンクを設定する方法。

これから投稿名をつけるときには、メニューから『新規作成』を選択し、記事を書くページへ入ります。

そしてタイトルの下にある『パーマリンク』から編集して名前をつけます。

編集を押す

ちなみに、タイトルを入力しないとパーマリンクの編集ボタンは出てきませんから、迷われないよう気をつけてください。

これから記事にパーマリンク名をつけるときは、ここで個別に設定していきます。

パーマリンクを決めて完了

このようにして記事にパーマリンク名をつけていきます。