WordPressのプラグインをインストールしてから有効化するまでの方法

WordPRessプラグインの使い方
Thanks to our advertisers


もはやWordPressはプラグインなしでサイトを運営することはできないくらい、サイトの機能を拡張させるために必要不可欠になりました。

プラグインがインストールされていないWebサイトを運営することはつまり、裸で戦場を駆け巡るのに等しいです。

WordPressはプラグインをインストールすることによって初めて、インターネットという大海原で戦えるようになるのです。

だけど最初はどうやってインストールすればいいのかよくわかりませんよね。

そもそもまだ「プラグインってなによ?」という方もいるはずなので、まずはプラグインの基礎知識から説明します。これを知っておけば変なウイルスに犯されるリスクを軽減できるでしょう。

その次に、初心者でも簡単にできるWordPressのプラグインをインストールしてから有効化するまで方法を紹介していきます。

手順は全部で3ステップです。簡単なので画像を見ながらやってみましょう。

Thanks to our advertisers

WordPreeのプラグインとは?

WordPressプラグインの意味

WordPressのプラグインとは、あなたのサイトをより便利に使いやすくしてくれるものです。

プラグインがインストールされていない状態を人間の体に例えるなら、何も服を着ていない裸の状態です。

いくらあなたの身体能力が高くても、武器を持たない兵士は戦場で戦えません。一撃で倒されてしまうでしょう。

そこにプラグインという装備品を増やしてあげることによって、あなたのサイトはより魅力的になり、ようやくWebという広い世界で戦えるようになります。

つまりWordPressのプラグインの役割は、サイトの機能の拡張するという意味があります。

ただ間違えてはいけないのは、あくまでサイト機能の拡張であって、コンテンツに勝るものではありません。いいコンテンツがあってはじめて、プラグインが効果を発揮します。

よく使われるプラグインには、SEOを管理してくれる『All Seo Pack』や、スパムコメントからサイトを守ってくれる『Akismet』などが有名です。これらは最初にインストールしておくべきプラグインです。

WordPressのプラグインには2種類ある。

WordPressのプラグインはこの2種類に分けることができます。

  • 公式プラグイン
  • 非公式プラグイン

これからプラグインを使っていく上でとても大切になることなので、しっかり理解しておきましょう。

1.公式プラグイン

公式プラグインとは、WordPressの公式サイトによって安全性が確立されたプラグインのことで、プラグインディレクトリから検索することができます。

WordPressの公式プラグインインストール画面

中には一部有料のプラグインもありますが、基本的には無料でインストールできるものです。

公式プラグインを探すには、右上の『プラグインを検索』から探したいプラグイン名を検索します。

そしてダウンロードボタンを押すと、zip形式のファイルが手に入ります。このファイルをWordPressにアップロードする方法は下の方で説明しています。

WordPress公式プラグインのインストール方法

ここにあるプラグインは安全性が確立されているけれど、種類がとても少なく限られた機能のものしかありません。

なので、もっと高機能なプラグインをインストールしようと思ったら、ここからは見つけられない場合が多いです。

2.非公式プラグイン

もう一つが非公式プラグインで、簡単にいうとWordPressの公式サイトによって安全性が確立されていないプラグインのことです。

「非公式だから危険なの?」というと、まったくそんなことはありません。むしろWordPressを使いこなしている人は非公式プラグインを使う機会の方が多いくらいで、僕もインストールしているプラグインの7割が非公式プラグインです。

ただし、ウイルスなどが紛れている可能性があるので、自分で安全かどうかを見極めてインストールする必要があります。

安全性を確かめるには

僕は非公式プラグインの安全性を確かめるとき、レビューの数や評価を見て判断しています。
そしてプラグイン名で検索をかけて、そのプラグインの使い方が紹介されていたり、ウイルスではないという確証を得たら、インストールしてワードプレスに適用させていきます。
検索をかけてもヒットしなかったり、レビューが低いものについては危険性があると判断してインストールしません。
また同じプラグイン名でも全く違うものがありますから、しっかり見極めてインストールする必要があります。

WordPressプラグインの管理画面を開く。

プラグインを管理する画面は、WordPressのメニューから『インストール済みのプラグインを表示』を選択します。

WordPressのプラグイン管理画面を開く

 

そうするとこのように、インストールされているプラグインが一覧で表示されます。

WordPressプラグインの管理画面

ここでプラグインの検索から更新・編集・消去を行うことができます。

WordPressプラグインを使えるようにする3つの手順。

WordPressのプラグインが使えるようになるまでの手順は全部で3つです。

  1. プラグインを検索する
  2. プラグインをインストールする(zipファイルはアップロードする
  3. プラグインを有効化する

「インストールしたのにプラグインが使えない!」という場合、最後の手順にある『有効化する』を踏んでいないことがあります。

プラグインはインストールしたら、最後にしっかりと『有効化する』ことを忘れないようにしましょう。

この3つの手順を全て説明していきます。

1.プラグインを検索する

先ほどのプラグインの管理画面を開いき、その中にある『新規作成』のボタンを押します。

メニューにも同じボタンがあるのでそこからこの画面へくることもできます。

WordPressのプラグインを新規追加する

 

そして右上にある検索ボックスから、インストールしたいプラグイン名を検索していきます。

WordPressのプラグインを検索する

これがプラグインの検索方法です。

2.プラグインをインストールする

そしてプラグインを見つけたら、右上にある『インストールする』ボタンをクリックします。その場でインストールが始まるので、終わるまで待ちます。

WordPressのプラグインをインストールする

 

ボタンが『インストールしました』の文字に変わったら完了です。

WordPressプラグインのインストール完了

 

zipファイルのプラグインをアップロードする

zipファイルのプラグインを持っている場合は、検索画面の左上にある『プラグインのアップロード』を選択してください。

WordPressのプラグインをアップロードする

ここでzipファイルを選択し、『今すぐインストール』を押すとプラグインがインストールされます。

3.プラグインを有効化する

インストールしたら、最後にプラグインを有効化にします。

先ほどインストールた画面で、ボタンの文字が『有効化』に変わっていると思うので、それを押します。

WordPressプラグインを有効化にする

これでインストールしたプラグインの有効化が完了しました。

 

またインストール済みのプラグインは、一覧画面から有効化にすることもできます。

WordPressプラグインの有効化

 

有効化されたプラグインは一覧から見ると、下の画像のように青色で表示されるようになるのでわかりやすいと思います。

WordPressプラグインが有効化されたときの見え方

これを忘れるとプラグインが機能しませんので気をつけてください。

WordPressプラグインをアップデートする。

最後に、よく使われているプラグインであれば頻繁にアップデートがくると思います。

アップデートがくるとメニューに更新の通知がこのように赤く表示されます。目立つのですぐ気づけます。

WordPressプラグインアップデートのお知らせマーク

 

このように『更新してください』と黄色く表示されるので、そのまま『更新』ボタンを押します。

アップデートする

 

そして『更新しました』というお知らせが表示されたら、アップデート完了です。

アップデート完了

プラグインはすぐにアップデートするべき?

多くの人に使われているプラグインであれば、更新通知がきたらすぐにアップデートをしても問題になることは少ないです。
ただしマイナーなものについては、最新バージョンに対応しきれていないことがありますので、その場合は慎重にアップデートをしてください。

Thanks to our advertisers